読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

Manchester(シティーからカントリーサイドまで)〜1/3

9月8日から11日までの3泊4日、
マンチェスターに滞在した時の様子を更新します。

ノッティンガムは初めてという事と、ガイドブックやネット上に
情報が少ない事から細かく書かせて頂きましたが、
マンチェスター編は「食と自然とスコッチ」を中心に。


・9月8日(月)

17時45分の特急へ乗車し後半の逆走にも耐え、
ほぼ定刻通り19時36分、マンチェスターピカデリー駅に到着しました。

そしてお世話になる友人夫妻の奥さんのKが(以下K)、車で迎えに来てくれていました。

去年の9月、新潟のイベント会場で会って以来の再会です。
と、言う程時間が経っていない事にも驚きましたが、
6年前にマンチェスターを出る時に「必ずまた来るね!」と
約束した事が、ようやく果たせたような気がしました。

お世話になる家は、シティーから北へ車で30〜40分くらいのBuryです。


日没前に無事に家に到着し、ひと休みをしていたら、すぐに夕食の時間となりました。

今夜は…手作りパスタだそうです。


(2014年09月08日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)


(2014年09月08日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

グラタンに近い濃厚なパスタは、ビールとの相性もばっちりです。

料理が上手な方なので色々と助かります。


食後…

「スコッチにする?」

「はい!もちろん(笑)」と、私。

友人夫妻は無類のスコッチ好きです。
私もスコッチは大好物です。

前回お世話になった時も美味しいスコッチを沢山教えてもらったので、
今回もそれを少し楽しみにしていた部分は否めません。

「どんなタイプがいい?軽いの重いのスモキーなの?」

「重くてスモキーなもので(笑)」

「いいね(ニヤリ)!」

そしてこれが出てきました。

K いち押しの1本、スコットランドアイラ島産の『LAPHROAIG PX CASK』。
※日本国内は、サントリーが仕切っているようです。
ただ、HPにはこのPX CASKはアップされていませんでした。

LAPHROAIGラフロイグ)とは…
1815年にスコットランドアイラ島で設立。ラフロイグは、最も強いフレーバーを
持つスコッチウイスキーの一つと考えられている。通常、10年まで熟成が進むが、
15年ものも珍しくない。しかし、30年もの、40年ものは稀である。
熟成の際にスピリッツが詰められる樽は、バーボンのファーストフィル
(熟成したバーボン・ウイスキーを取り出したばかりの樽)のみが使用される。
チャールズ皇太子御用達のウイスキーである事も有名であり、
モルトウイスキーで初めてプリンス・オブ・ウェールズ御用達の認定を受けた。


(2014年09月08日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

本気で楽しむ為にストレートで…。

もの凄くハーコーな香りと味に驚きました…。

「う、うますぎる…」と。

ゆっくりと、ちびちび頂きつつ…BGMはなんとantennnasiaの『QUS-CUS』。


(2014年09月08日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

友人宅に普通に置いてあった事にも驚きましたし、
まさかマンチェスターでこれを聴きつつ極上のスコッチを頂けるとは…。

最高でした。

良い作品は何処で聴いても響きます。


お酒と音楽、たわいもない話、そして猫のモンティーと遊ぶ時間は、
疲れも忘れ、あっと言う間に深い時間になっていました。


私達がマンチェスターに行くという事で、日々多忙な友人夫婦は、
2人でバランスを考えて休暇を取ってくれました。

Kが9〜10日、
明日出張先のパリから戻る旦那さんは10〜11日を。

有り難い事です、本当に。

明日は、ちょっと街に出つつ、つつ。



・9月9日(火)

ノッティンガムに続き、マンチェスターも奇跡の晴天でした。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

下のリビングに降りてみると…

「ん?」


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

「おはよ、Monty!」


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

おとなしくて可愛い猫です。

日差しの心地よさに、のび〜っとなっていました。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

そして朝食。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

おいしい種の入ったパンにスクランブルエッグ、スモークサーモン。
ブラックペッパー多めで頂きましたが、もちろん美味しかったです。


その後、電車でシティー方面へ。

吉田さんがノッティンガムで買えなかったTOMSの靴や、
もう少し海外版の漫画が見たかったので、靴屋や書店を案内してもらいました。

電車を降りると一気に6年前の記憶が蘇ってきました。

駅近くに書店があったので、そこをチェックしました。
進撃の巨人』は、沢山置いてあったのですが、
他の作品はあまりなく。
靴屋も数件をはしご…やはりお目当ての物が見つからず。

そんな時もあります。


(2014年09月09日 マンチェスターにて〜RICOH CX4)

Piccadilly Records』にも。

安定した品揃えで、お店のロゴ入りトートバッグも良かったです。
買い忘れましたが…。

その後は散策しつつ。


(2014年09月09日 マンチェスターにて〜RICOH CX4)

小腹が空いてきたので、K オススメのお店へ。

アフタヌーンティーと聞いていたので、
かなりオシャレで格式高いお店かなと思っていたのですが、
カジュアルなお店で一安心しました。

そのお店は『Teacup Kitchen』という人気店でした。

チェーン店ではなく、この1軒だけとのことですので、
マンチェスターに行った際は、是非。

そこでオススメのスコーンと紅茶のセットを。

実は…
私はスコーンのパサパサ感が少し苦手で
「コーヒーで…」と言った直後…
「なんで!」とK に少し怒られてしまいました…。

と、いう事で真似をして…そのセットを。

”郷に入っては郷に従え”…です。


(2014年09月09日 Teacup Kitchenにて〜RICOH CX4)

スコーンが、兎に角でかいです。

そしてこの瓶…「1人1本?」。

海外は、なんでもヴォリュームが凄いなと改めて感じつつ、
早速、見よう見真似で頂いてみました。

まずは…瓶。

イチゴジャムとバターに見えますが、ジャムは甘さ控えめで、
バターは乳脂肪分が少なめで軽めのクリームに近い感じでした。

奥さんは、スコーンを半分に切りつつ、これでもかとたっぷり塗っていました。

「えっ!そ、そんなに…」と思う程。

しかしそれが、激うま!

パサパサ感がなく、しっとりしたスコーン、
はじめて美味しいと感じました。

ダージリンティーも、ポットで出されるので、おかわりが出来ますし、
流石イギリス、紅茶の味も抜群です。

このセットで8ポンドくらいでしたが、人気があるのも分かります。


赤を基調としたカジュアルな店内には、Ninja Tuneからのリリースでお馴染みの
Mr.Scruffのゆるい絵が沢山飾ってありました。

お店とコラボレーションした商品なども売られていて、
聞いたところ、このお店のオーナーとMr.Scruffが友人らしいです。


今日はもう一カ所、カントリーサイドを車で案内してくれるとの事で、
日没前に一時帰宅。

この友人夫妻は2人ともアーティストでもあります。

シルクスクリーンや絵など、色々と作っています。

そんな作業場を覗いていると…。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

懐かしいステッカーを発見。

貼ってくれていました。有り難いです。

その隣りのステッカーも、なかなかですが。

旦那さんの制作途中の作品も、なかなかです。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)


そんなこんなでカントリーサイドへ出発。


(2014年09月09日 マンチェスターにて〜NIKON D80

車で数十分走ると…馬が。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

さらに走ると…こんな風景が広がっています。

ちょうどいい時間帯です。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

振り返ってみても…。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

人っ子一人居ません。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

貯水池へ。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

ここも最高に気持ちよい場所なのですが…
駐車場で目にしみる程の香ばしいニオイが隣りの車から漂っていたので、早めに撤退しました。


そして日没です。


(2014年09月09日 マンチェスター・カントリーサイドにて〜NIKON D80

本当に最高のドライブでした。


また家に戻り、しばらくすると疲れきった旦那さんが出張から戻ってきました。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

「お帰り!!D!」(以下旦那さん D)

完全に顔が疲れきっていましたが…無事に再会出来ました。


今夜は、そんな彼が仕込んでいてくれたというカレーです。

「えっ、料理、出来るんだ…」と。

実は、彼の方が料理が上手だそうです。
初めて知りましたが…。

これはカリフラワーのサラダでした。
確か、バルサミコ酢的な感じでした。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

綺麗に並べてみました。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

で、カレー2種類とヨーグルトのなんとかです。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

食欲が前に出過ぎてしまい、写真はイマイチですが驚く程、美味しかったです。

「…なかなか、やるな…」と。


食後は本日もアレを…。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

Highland Harvest ORGANIC』。


(2014年09月09日 マンチェスター友人宅にて〜RICOH CX4)

ナンバリングの用なものが入っていました。
キャスクナンバー+ボトルナンバー付き。

こちらも、鼻が喜ぶ見事な香りでした…。

おそらく…かなり貴重な逸品…だと思います。

・Highland Harvest ORGANICとは…
スコットランド北部のハイランド地方産、英国王室御用達。
英国王室御用達になるには、原材料、製法、品質、環境、安全等の
厳しい審査基準に合格した物やサービスを提供する個人及び会社に対し
3名の任命権者の女王陛下、皇太子、皇太子殿下によって王室保証が許可されます。
ハイランド・ハーベスト・オーガニック・スコッチウイスキーは、
チャールズ皇太子殿下の任命により英国王室御用達商品の栄誉を授かった
英国土壌協会認定の、世界で初めてのオーガニック・スコッチウイスキー。
任命権者チャールズ皇太子殿下の許可条文と家紋が標示されたラベルも印象的


この手の高級スコッチを頂くと…貧乏性な私は、
「都内のBarで呑んだら…一杯いくらだ?…恐ろしい…」と、あれやこれや。

しかし、考えない方がいいなと判断しました。
シングルで…数千円はすると思いますので…。

連日貴重なスコッチを…ごちそうになってしまいました。


前者の『LAPHROAIG』に関しては、夫婦とその友人の3人で
スコットランドアイラ島まで行き購入してきたと、
その時の写真を見せながら話してくれましたが、
この世の果てのような風景の中に、蒸留所が…。

色々な意味で、やはり凄いです。


この日、やっと全員揃い、また深い時間まで色々と話をしつつ、
スコッチを堪能しました。



続く…。

広告を非表示にする