opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

red race riot! vol.33 at solero リポート〜1/2

少し遅くなりましたが、先週末新潟の『solero』で開催された、
red race riot! vol.33のリポートです。


・5月9日(金)

急遽イベントに参加させて頂く事になった+DJミキサーが修理から戻ってこない…
この2つが重なるというのは初めてです。

DJミキサーは、前日に近所に住む元仲間に貸してもらい選曲を済ませましたが、
当日、何故か朝から、はかはかしていました。


天候が荒れる予報も出ていたので、時間に余裕を持って少し早めに東京駅へ。

到着して、新幹線の切符を購入し「思ったよりまだ時間あるな〜」と思った矢先、
駅員さんがもの凄いスピードで走って行くのが見え、他の駅員さんも、ざわざわと…。

「ん???」

「只今、東京駅◯◯線ホームで人身事故があり…」とアナウンスが流れました。

「えっ?」

路線は少し異なりましたが、東京駅に到着した直後でしたので、驚きました。

「いつもの電車を使っていたら、完全にアウトだったな…」と。

間一髪です。


少し早めに出ていて良かったなと改めて感じた瞬間でした。

はかはかしていた理由は、これかなと。


ほっとしたのも束の間。
今度は、駅ホームの売店でトラブルがあったのか、
そこでも、プチパニック状態で、イライラする人が群がっていました。

「ん〜〜〜」と眺めていました。
「他にも売店あるだろう…」と。

それを眺め、お弁当を買うのを諦めました。
吉田さんから渡された、非常食用の柿ピーを持ってきていたので「それでいいや」と。

ちゃっかり、大人のドリンクは1本購入済みでしたので。


当日に切符を券売機で購入したので
「さて、隣は…どんな人かな?」と半分ゲーム感覚で乗車しました。


ガラガラの車内ですが、隣には少し貫禄のあるサラリーマンの方が。

「失礼します」

「…」


その方は、お弁当をどかどかと早食いしていました。

「忙しい方なのかな?」と。


荷物を置きつつ、柿ピーとビールをぷしゅ〜っと。

その後も隣の方は、落ち着きの無い状態が続いていました。


もう少しこの方の事を書かせて頂きます。


車内販売の方に対しての会話が酷かったです。

「すみません」と呼び止めもせず、
「コーヒー!」と。

「ホット、アイスどちらにしましょうか?」

「ホット」

「では◯◯円になります」

「…(小銭を渡す)」

「◯◯円のお返しです」

「…(おつりを受け取る)」

「お熱いので注意して下さいね」

「…」

「お砂糖、ミルクは」

「…」

「ありがとうございました」


私は2列席の通路側に座り、この会話を目の前で聞いていました。


その方の見た目は、iPS細胞で注目を集めている、
あの紳士的な方を少しロウで固めて崩したような感じでした。

見るからに危険な雰囲気ではなく…どこにでも居そうなタイプですが
…この会話は酷かったです。

良くある話だと思うのですが、呆れて聞いていました。

「すみません」や「ありがとう」すら言えない大人…本当に嫌いです。
完全に何処かが壊れているのでしょうね。

もしかしたら日本語が少し不得意な海外からの方でしたら、すみません。
ただ、日本語の雑誌や新聞を読んでいたので、その可能性は低いですが…。

ゲーム感覚で乗車しているので、そこまで言うのはアレかなと思いましたが…。


「最近の若いやつらは言葉が乱れている!」と言う大人が多いので、
それに対してのメッセージも含め、書かせて頂きました。

私は40代と若者ではなく、大人な部類に入りますが、
どっちもどっちかなと感じる事も。

年齢じゃなく、きちんとしている人はきちんとしています。

いい歳した大人の言動の方がよっぽど気になりますし不愉快です。


その方は途中下車し、私は定刻通り新潟へ到着し、
1本早く到着したにも関わらず、jacobが駅の改札で待っていてくれました。


ありがとう、jacob。


〜続く

広告を非表示にする