読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

Ogawa Yohei Exhibition "sea said"

一ヶ月後の9月25日(日)に久々にDJをします。

 

場所はいつもお世話になっている、新潟のsoleroです。

 

『Ogawa Yohei Exhibition "sea said"

 with SUNDAYS BEST POP UP STORE at Solero』

 

□ artist

Ogawa Yohei

 

□ date

2016. 9.25 (sun) - 10.9(sun)

 

-opening party.-

 

□ date

2016. 9.25 (sun) 18:00 ~

 

□ fee

1,500yen (W/1D)

 

- music selector -

NUE (OPUESTO)

KIMI (oto-zuke)

jacob (red race riot!)

YOSHINAO SUZUKI

 

-展示/販売品-

▲ Ogawa Yohei のドローイング作品の展示販売。

▲ 中目黒のセレクトショップ「SUNDAYS BEST」によるポップアップショップ。

 

info.

■ Solero

新潟市中央区古町通5-598

TEL:025-378-4044

http://solero.jp/

 

 

ヨウヘイくん、jacob。

有難うございます。

 

また近くになったらアナウンスさせて頂きます。

 

 

 

 

広告を非表示にする

SLBM

今日も地味に暑いです。

 

外は風があり室内より涼しく感じるので、

気分転換にベランダに出てBlogを書いています。

 

 

昨日更新した件ですが、

また北がミサイルを発射したと‥。

 

しかも潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)。

 

地上からの発射と違い、事前に察知することが難しいようです。

 

韓国は22日からアメリカとの合同軍事演習をしていて、

北朝鮮は「わずかな侵略の兆候でも見せる場合、

容赦なく核の先制攻撃を浴びせる」と威嚇。

 

いい加減にして欲しいものです。

 

ただこの一連の動きから妙なシナリオを想像していました。

 

そもそも何故‥北を黙らせる事が出来ないのか?

 

これは誰もが考えるポイントです。

 

もちろん‥

北、韓国、中国、日本だけの問題ではなく、

そこに大きく関わっているアメリカ。

 

やはりキーはアメリカ?

 

 

なんて空を見上げつつ、ベランダで考えています。

 

この空に肉眼でミサイルが確認出来た時の事を想像しつつ‥。

 

 

想像出来ないこともあります。

 

昨日、リビングで寝落ちしてしまい、

明け方に目が覚めてPCを開くと‥

夏目三久アナと有吉熱愛!すでに妊娠 番組きっかけ』。

 

思わず「え"っ!」と叫んでしまいました。

 

本当の話だったら、明るいニュースで良いな〜と。

 

あの超が付く程のお嬢様を、あの有吉さんが(苦笑)。

 

お見事です。

 

それに比べ、ある女優さんの息子がとほほな事件を起こしましたね。

 

残念な話です。

 

 

話が逸れましたので、この辺で作業に戻ります。

 

 

 

 

 

防衛費

先週の記事ですが、とても気になったのでメモしておきます。

 

▼『防衛省 概算要求を過去最大の5.1兆円余に』

NHK  8月19日 6時27分

 

防衛省は、来年度・平成29年度予算案の概算要求について、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対応するため、地上配備型の迎撃ミサイルの能力を強化するための経費などを盛り込み、過去最大となる5兆1600億円余りとする方針を固めました。

防衛省は、来年度・平成29年度予算案の概算要求で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返していることを受けて、地上配備型の迎撃ミサイルPAC3の対処能力を強化するための費用として、1050億円余りを盛り込むことにしています。

また、イージス艦に搭載するより能力の高い迎撃ミサイルを取得する費用や、北朝鮮によるミサイル発射の兆候を事前に把握することが難しくなっている中での迎撃態勢の強化に向けた研究費用なども盛り込む方針です。

さらに、中国が海洋進出を強めていることも念頭に、日本の周辺海域や離島の防衛を強化する必要があるとして、探知能力などを向上させた新型潜水艦の建造費や、沖縄県宮古島に警備部隊を配置する費用なども計上することにしており、概算要求の総額を今年度予算より2.3%多く、過去最大となる5兆1600億円余りとする方針を固めました。

 

地上配備型の迎撃ミサイルPAC3の対処能力を

強化するための費用として、1050億円‥。

 

そもそも北がミサイルを発射するから、です。

 

そしてそれをPAC3で迎撃出来るのか疑問が。

 

そこに1050億円。

 

不思議な事ばかりです。

 

さらに他の記事では、

「米国と共同で改良に取り組む海上配備型ミサイル

SM3の量産費用を盛り込む。」と。

 

大気圏に再突入してきた弾道ミサイルを迎撃するPAC3は、射程距離を約2倍の30キロ超に伸ばす。大気圏外でミサイルを捕捉するSM3は、高度をさらに引き上げる。ミサイル防衛(MD)を将来的にさらに強化する研究費用も計上する。

 

自衛隊が軍隊になる過程を追っていますが、

どんどん加速しているのが分かります。

 

万が一、北からのミサイルが着弾し、

死者が出たら日本はどう舵をとるのでしょうか。

 

その時、アメリカは?

 

などなど考えてしまいます。

 

平穏に暮らせる時間は、そうそう長くないのかなと感じています。

 

防衛大臣は、本当に危険なニオイがします‥。

 

 

 

 

話は変わりますが、

昨夜、蝉から鈴虫に変わる瞬間を感じました。

 

台風の発生が遅れていた今季ですが、

一気に産まれては上陸しています。

 

同時に、どんどん南国な気候になっているなと‥。

 

梅雨時期より夏になってからの湿気は想像以上です。

今日も強烈です。

 

まめに掃除をしていても、想定外のところにカビが‥。

 

「日本の木造家屋は日本の気候に適しています。」

 

その通りです。

 

鉄筋コンクリート造りで畳も無い部屋では限界があります。

 

そんな事を痛感しています。

 

 

さて、作業に戻ります。

 

 

 

 

広告を非表示にする

写真と言葉

先日友人と『普通』について深く話をしました。

 

ふつう『普通』

〜特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。

それがあたりまえであること。また、そのさま。

 

変わっていないこと。

ありふれたもの。

あたりまえ?

 

この定義が難しいです。

 

近い言い回しに『一般的』があります。

 

この定義も難しいです。

 

『平均的』という言葉もあります。

 

これは統計学を用いれば説明が出来ます。

 

では『普通』とは?

 

『平均的』とも多少異なりそうです。

 

一般的には平均的な人(こと)を普通と言いそうですが、

それも微妙に違うような気がします。

 

 

友人と話した結論としては「真の普通は有りえない」と。

 

 

小難しく、揚げ足取りな内容に聞こえるかも知れませんが、

とても興味深い話でした。

 

 

何故『普通』について話をしたのか、

その理由を簡単に。

 

それは『普通』という常識が通用しないな〜と

思う事が多くなっているからです。

 

 

露骨に現れているのがコミニュケーションです。

 

特にメールやSNSなど、

ネットを介したコミニュケーションです。

 

LINEなどの短い言葉やスタンプという物で

会話をする事に慣れてしまったのも

一つの原因だと思っています。

 

いい歳をした大人が‥です。

 

 

もちろん、普通にコミュニケーションを取れる人も居ます。

 

当たり前の話ですが(苦笑)。

 

それ以上に

「この人の言葉選びは勉強になって素敵だな〜」と思える人も。

 

友人 shinyaさんの奥さん、さゆりさんです。

 

過去にも何度かこのBlogで紹介したことがありますが、

また一つ、紹介させて頂きます。

 

 

今回は言葉だけではなく、

その一枚の写真にも驚かされましたので。

 

以下、さゆりさんのインスタグラムからです。

 

 

f:id:opuesto:20160822154322j:plain

(2016年08月20日 波照間島にて〜photo by sayuri

 

波照間島 3日目


昨日が一番透明度高かったかな


今日は波が高かった


でも息子は波打ち際でも大喜び

昨日は初めてウミガメをみました


1m超える大きさで驚きました


とても穏やかで無心に

海中の草を食べてました


ずーっと見てたから慣れてくれたのか

人懐っこいのか途中一緒に泳いでくれました


感動しかうまれませんでした


息子と手をたたいてピースして喜び合いました

波照間島の海はみたことのない

色とりどりのサンゴ礁いっぱいで

まるで海の中に花畑があるようでした


綺麗な熱帯魚の水槽の中に

入らせてもらったみたいっと

ちっさいことしか思い浮かばなかった

自分の小ささったら


息子ももうすぐ7歳


いい記念になったかな


さすがに覚えててくれるかな

  

 

まるでポスターの様な写真と言葉‥。

 

刺激と同時に癒されました。

 

言葉の一つ一つが温かいです。

 

 

波照間島

 

行きたい場所が一つ増えました。

 

有難うございました!

 

 

 

この写真と言葉に何も感じない人も、

もしかしたら居るかも知れません。

 

私は普通に感動しました。

 

この『普通』という使い方も間違っています。

 

言葉は繊細で深く、難しいから面白いのかも知れません。

 

「日本語を大切にしたい」と、思う今日この頃です。

 

 

 

 

Agora E Seu Tempo

この季節になると必ず聴きたくなる曲が数曲あります。

 

その中の1曲がこちらです。

 


Joe Claussell - Agora E Seu Tempo (The Sacred Rhythm Vocal Version)

 

"Agora E Seu Tempo" 。

 

このポルトガル語を英訳すると‥

"Now is your time"。

 

素敵な言葉です。

 

 

 

広告を非表示にする

炎暑

炎暑(えんしょ)。

 

最近覚えた言葉です。

 

『〜真夏の焼けつくような暑さ。酷暑。』

 

と言う意味です。

 

昨日今日とそんな言葉がぴったりな暑さになっています。

 

昨日は岐阜県多治見市で今夏最高気温、39.7℃を記録しました。

 

今日は関東の各地でそれに近い暑さになっています。

 

都心でも38℃。

 

体温越えです。

 

体温を越えることで汗をかいても体温が下がらなくなり、

身体の重要な臓器は血流量を下げることで体温を下げようとするそうです。

血流量が下がれば、各臓器の働きは低下します。

 

さらに40℃を越えると体温中枢が壊れて脳に影響が出るそうです。

 

少し前に、ちょっと外へ出てみましたが、

経験したことのないような暑さでした。

 

 

以前生活をしていた青梅市では、エアコン無しの生活でした。

しかも最上階でしたので、屋上からの熱も強烈で。

 

もし今そこで生活をしていたら、確実に死んでいたな〜と、

今の生活に感謝しております。

 

その経験を生かし、最上階は避け、

西日が直接入らない部屋で生活しています。

 

西日、夕焼けが見られるのは良いのですが、

夏の西日は地獄です(苦笑)。

 

 

そろそろ限界なので、少しだけエアコンをONにします。

 

 

 

ONと言えば‥

以前このBlogでも紹介したスイス産のスニーカー。

 

その後も頻繁に履いていますが、とても良いです。

通気性が異常に良いので暑さ対策にもなります。

 

オールブラックの限定モデルも発表・発売されました。

 


On Cloud | All Black Project

 

HP

https://www.on-running.com/ja-jp/products/cloud-all-black-m?taxon_id=2

 

f:id:opuesto:20160809150841j:plain

 

渋いです。

 

 

さて作業に戻ります。

 

 

 

 

選挙結果

またまた更新が滞りました。

 

参院選と都知事選の結果に関して

きちんと更新したい気持ちはあるのですが、

調べれば調べる程ため息が出てしまい‥。

 

ざっくりですがキーワードだけメモしておきます。

 

 

まず参院選

 

7月11日の記事です。

 

▼『沖縄と福島で閣僚が落選 政治課題の逆風直撃』

東京新聞 2016年7月11日 朝刊

 

自民党参院選で、沖縄選挙区の島尻安伊子沖縄北方担当相、福島選挙区岩城光英法相の閣僚二人が落選。沖縄は在日米軍基地、福島は東京電力福島第一原発事故の問題を抱え、安倍政権の政治課題の影響を直接受ける選挙区で有権者の不満が鮮明に表れた。

 

自民党は沖縄で、二〇一三年参院選、一四年衆院選の四小選挙区に続き国政選挙で三連敗。衆院選では比例復活しているが、全選挙区で議席を失った。米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設問題で、推進姿勢の安倍政権と阻止を目指す翁長雄志(おながたけし)県知事が対立。翁長氏は参院選で野党統一候補伊波洋一氏を推し、新基地反対の民意を吸い上げた。ただ、安倍晋三首相は十日夜のNHK番組で「普天間の固定化は誰も望んでいない」と建設を進める考えを強調した。

 

福島は改選数が六年前の二から一に減り、ともに現職の岩城氏が民進党増子輝彦氏に敗れた。原発事故の影響で、今も県民約九万人が避難生活を強いられ、復興の遅れに対する県民のいら立ちが政権離れにつながった。

 

ただ今回の参院選の結果を受けてねじれが解消されてしまい、

どんどんあの人の計画が加速すると考えられます。

 

 

そして都知事選の結果も苦笑いしてしまいました。

 

マスコミでは毎日のように三候補を取り上げていましたが、

実質は、小池さん VS 増田さんかなと思っていました。

 

どっちに転んでも自民党です(苦笑)。

 

小池さんが「無所属」という形で出馬していたので、

そのトリックに騙された方も少なくないと思いますが、自民党員です。

 

応援してもらえなかった、というだけの話です。

 

 

二つの選挙結果からも見えますが、ほぼ一党独占の国になってきています。

 

本当に恐ろしいことです。

 

「え?恐ろしいの?」と思う方々は、

これから起きることを一つ一つ見てください。

 

その火の粉が自分の身に降りかかった時は手遅れです。

 

 

"組織票" や、"地元だから" という安易な理由が大怪我の原因になります。

 

 

「選挙って・・・」と思ったのも正直な感想です。

 

 

 

なんて。

このクソ暑い中、真面目な更新で・・・。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする