opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

安全保障関連法 可決・成立

未明に参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と
次世代の党などの賛成多数で可決され、成立してしまいました。

軍事産業、戦争ビジネスも加速するのでしょうね。

▼『世界最大級の武器展示会 防衛省が初出展でPR』
テレビ朝日 2015/09/19 05:54

ロンドンで世界最大級の武器展示会が開かれ、日本の防衛省が初めて出展しました。
防衛省・外園大臣官房技術監:「武器輸出三原則のポリシーも変わり、
(防衛)装備・技術協力は広い意味での安全保障。初めの第一歩かと思います」
日本政府は去年、防衛装備品の輸出を条件付きで解禁していて、今回初めて
日本の企業とともに輸出をアピールしました。政府は、装備品の輸出や海外との
技術協力などを進めていく方針です。

自衛隊というキーワードも、もちろん全面に出ていますが、
陸海空で安保法案に関しての捉え方も異なるとの事です。

来年夏の参議院議員通常選挙

ここが肝です。

そして、この法律に制限をかける事の出来る政党が勝てるように‥。


オマケに可決・成立直後の総理のコメントの一部もメモしておきます。

「平和な日本を引き渡すために必要な法的基盤が整備された。
参議院では)野党3党の賛成も得て、より幅広い皆様の支持のもとに法案を
成立させることができた。今後も国民の皆様に誠実に粘り強く説明を行っていく考えであります。」


可決・成立後のお得意の文言です。

「今後も国民の皆様に誠実に粘り強く説明を行っていく考えであります。」

もう笑えない冗談ですよ、先生。


さて、さて‥。

広告を非表示にする