opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

再び学び

更新多めの学びの日です。

あの人の会見、NHK 大越健介キャスターのBlog、
スチャダラパーの新曲に共通のキーワードが。

それは『中庸(ちゅうよう)』です。

正直、学の無い私には意味が分かりませんでした。


『中庸(ちゅうよう)』[名・形動]

1、かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。
  また、そのさま。「―を得た意見」「―な(の)精神」

2、アリストテレス倫理学で、徳の中心になる概念。過大と過小の両極端を悪徳とし、
  徳は正しい中間(中庸)を発見してこれを選ぶことにあるとした。

ーーーーーーー

・例1〜あの人の会見

『〜そもそも、「過激主義」と「イスラム社会」とは、全く別の物であります。
このことは、明確に申し上げておかねばなりません。「中庸こそ最善である」。
この中東の言葉のとおり、この地域は、古来、多様な宗教や人種が共存しながら、
悠久の歴史を刻んできました〜』


・例2〜大越健介キャスターのBlog

『〜確かに自らの宗教を侮辱されたと過激な行動に走る人間がいるのは事実だし、
表現の自由がそれに屈してはならないのも事実だろう。だが、その対立がエスカレート
してもいいことはひとつもない。実際、世界の多数派は、宗教の多様性を認め、
同時に表現の自由も尊重する「中庸」の人たちのはずだ。そしてわれわれ日本人は、
そのことを本能的に知っている国民だと思うのだ〜』
※全文はこちらで。


・例3〜スチャダラパー / "中庸平凡パンチ" (Official Music Video)


スチャダラパー / "中庸平凡パンチ" Official Music Video)

ーーーーーーー

〜かたよることなく、常に変わらないこと。過不足がなく調和がとれていること。


またひとつ勉強になりました。



おまけですが、スチャダラパーのPV内で気になるT-SHIRTを発見しました。

ドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』の主題歌にもなっているこの曲ですが、
主演の山田孝之さんが一瞬だけ映るこのシーン。

「ん?もしかして、これって…ムロツヨシさんw?」

文字も「I LOVE MUROxIN」と書いてあるような気がします。
一文字、読めませんでしたが…。

山田孝之さんとムロツヨシさんが仲良しなのは有名な話ですし…。

取り合えず真相を確かめる為に、Twitter山田孝之さん本人に連絡を入れてみました。
返信があり次第、また報告させて頂きます。

広告を非表示にする