opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

春の嵐で相次ぐ原発トラブル

『今回の暴風雨で原発は大丈夫なのか?』
と、心配していましたが、相次ぐトラブルが明らかになってきました。

メモしておきます!

▼『東通原発1号機、核燃料プールの冷却40分停止』
読売 2012年4月4日14時03分

東北電力は4日、東通原発1号機(青森県)と女川原発1号機(宮城県)の
使用済み核燃料貯蔵プールの冷却機能が約20〜40分間停止したと発表した

プールの冷却水を循環させるポンプの電圧が、暴風の影響で低下したのが原因とみられる。

東通原発は、同日午前6時44分頃、2系統あるポンプのうち一つが電圧低下のため自動停止した。
別のポンプを午前7時23分に起動させて冷却機能は復旧した。
プールには約600体の使用済み燃料があったが、
冷却機能喪失でプールの水の温度上昇はなかった。
ーーーーーーー

また、5日、今日の夜中には、
▼『汚染水、また配管から漏れ=12トン、海に流出の恐れ―作業員対処中に増加―東電
時事通信 4月5日(木)9時11分配信

東京電力は5日、福島第1原発の汚染水処理システムのうち、放射性セシウムなどを
減らす淡水化装置を通った後の塩廃水が配管から漏れたと発表した。
漏れた水の量は推定約12トン、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質を多く含んでいるとみられる。
一部は排水溝に流れ込んでいることから、東電松本純原子力・立地本部長代理は
「排水溝を通じて海へ流出した可能性がある。心よりおわびする」と陳謝した。

東電によると、5日午前0時6〜13分、淡水化装置からタンクに送る汚染水の流量が1.4倍に増加したため、
自動停止した。同50分〜同1時10分ごろ、作業員による装置の起動と自動停止が3回繰り返された結果、
3〜4トンの水が余計に漏れた可能性があるという。

東電社員が同1時50分ごろ、配管から汚染水が漏れているのを発見。
30分後には漏れが止まったことを確認した。


お漏らしし過ぎです。
これに関しては、Peace Philosophy Centreで詳しくまとめています。
ストロンチウム推定1兆6千8百万ベクレルが海に流出』。

一部転載させて頂きます。

〜比較的良心的な東京新聞でさえ汚染水のこととなると放射性物質の量は
単位はリットルではなく「立方センチメートル」になってしまう。

それでもまだストロンチウムの推定量を記しているだけいい方だ。

「三月の汚染水のストロンチウムなどの濃度は一立方センチ当たり14万ベクレルで、
今回も同程度とみられる。」ということは1リットルあたり1億4千万ベクレル
程度のストロンチウムが12トン流れたということ。
総量にすると1兆6千8百万ベクレルストロンチウムとなる!

この数字がどういう意味を持つのか、太平洋の生態系、海産物にどのような影響をもたらすのか。
発表、報道される汚染水情報など氷山の一角ではないかと思うと、
ただただ、海洋汚染について絶望的な気持ちになるばかりだ。〜
ーーーーーーー

ざっくりと、こんな感じです。


話は変わりますが、4月に入り各CMなども新しくなったり、
そんな息抜きトピックで、木村文乃さんを取り上げたいのですが、
なかなかそんな余裕、気分になれず、真面目なトピックばかりですみません(苦笑)。

森山未来氏との天然水、継続中のNTTドコモ、リポビタンファイン、
他、象印マホービンのCMにも出演されています。

ほのぼのしますね、、彼女は。

さてさて。。。


あっ。
未来くんと言えば、映画『モテキ』と『(500)日のサマー』。
明日まででした。。。目黒シネマで。

ふ〜、、時間なさそうです。

諦めて、翌週の『恋の罪』と、『冷たい熱帯魚』に絞ろうかなと思います。
あれもこれもは、とてもじゃないですが、無理ですね、、。

さて。

広告を非表示にする