opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

謎の金額

更新した普通自動車運転免許証(以下・免許証)

を受け取りに行ってきました。

 

20年以上運転していないので、今ではただの証明書です。

 

世の中には謎の金額が無数に存在します。

 

「まぁ、仕方が無いか」と思っていたり

気にしたことが無い人も多いかも知れませんが‥。

 

先日こんなニュースを見て驚きました。

 

▼『パスポート代高い!効率化して!“行政点検”で批判』

ANN 2016/11/12 19:02

 

f:id:opuesto:20161115171441j:plain

(イメージ写真)

 

国の予算の無駄遣いを有識者らがチェックする行政事業レビューで、海外旅行に欠かせないパスポートの申請手数料が高すぎると批判が相次ぎました。パスポートの申請には期限5年のもので1万1000円、10年では1万6000円の手数料が掛かります。エイチ・アイ・エス、沢田秀雄社長:「平均的には世界のコストよりも高い。たくさんの書類を出すのを少し減らすとかすることによってパスポートを取りやすくする」会議に出席した旅行業の関係者からは海外への旅行者が減少するなか、パスポート申請の手数料が高く、手続きが大変な状況を改善するべきだという指摘がありました。外務省は、10年旅券の申請手数料1万6000円のうち1万円分は海外で日本人が事件や事故に遭った時に救援するための経費だと説明しました。有識者は政府に対し、どんな費用が掛かっているのか国民に情報を公開するよう求めるとともに、マイナンバー制度を活用した手続きの効率化を検討し、コスト削減に努力するよう要請しました。

 

なんと、1万6000円のうち1万円分の理由が、

海外で日本人が事件や事故に遭った時に救援するための経費 

 

ご存知でしたか?

 

高いと思っていましたが、こんな理由だとは知りませんでした。

 

お偉いさんの考えていることは理解に苦しむことが多いです。

 

 

免許証に関しても以前から謎な部分がありました。

 

手数料(更新+講習)は百歩譲って突っ込みませんが、

交付についてです。

 

直接受け取りに行けば無料ですが、

郵送の場合は1000円‥。

 

高過ぎないですかね?

 

そこで‥

ちょっと検索してみました。

 

交通安全協会の商売

・人件費

 

などなど書いてありましたが、

いまひとつ分かりませんでした(苦笑)。

 

当たり前に支払っていても、

謎の金額はまだまだ沢山あります。

 

また分かりやすい事例が出てきたら

ここに書かせて頂きます。

 

 

 

広告を非表示にする