opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

学校給食まるごと検査

良い動きだとは思うのですが、、、少し違和感が残りました。

メモしておきます。

▼『福島 給食の毎日丸ごと検査始まる』
NHK 4月9日 17時43分

原発事故の影響から子どもたちを守るため、福島市は、学校給食1食分を
毎日丸ごと検査して放射性物質を測定する新たな取り組みを始めました。

「学校給食まるごと検査」と名付けられたこの取り組みは、福島市が新学期の
給食が始まった9日から市立のすべての小中学校と特別支援学校、
合わせて73校で始めました。

これまでは、1週間から2週間に1回、食材の種類ごとに検査していましたが、
9日からは毎日、給食施設で調理するおかずの材料など1食分をすべて調べます。
このうち市立庭坂小学校では9日朝、給食室で調理担当の職員が給食1食分の
材料を取り分けてミキサーにかけました。
そしてミキサーにかけた材料は近くにある市役所の支所に運ばれ、
簡易型の測定器にかけられました。放射性セシウムが20ベクレル
超えた場合にはおかずの提供を取りやめ、別の検査で安全性を確認する
ごはんと牛乳だけを提供します。

初日の9日はすべての学校で放射性物質は検出されず、検査結果は昼前に
各学校に通知されました。庭坂小学校でも子どもたちが新学期最初の
給食をおいしそうに食べていました。

庭坂小学校の山内雄和校長は「毎日検査することで保護者もより安心できると思います。
検査したうえで保護者に情報提供していくことが大事です」と話していました。
福島市では今後新たな検査機器を整備し、6月までに検査の基準を
20ベクレルから10ベクレルに厳しくするとしています。

ーーーーーーー

今日から丸ごと検査なのですよね、、、少し遅すぎないか?
と、正直思いました。

6月までに10ベクレルにするそうですが、
明日からでも10ベクレルにして欲しいと思います!

ん〜、、、と、いう感じがします。


余談ですが、私は学校給食が大嫌いでしたし、
それで好き嫌いが多くなったのかなと感じています。

クソまずい物を、居残りで無理矢理食べされた事は
嫌な記憶として残っています。

ただ、大人になりお酒を呑めるようになった頃、
随分と食の好みも変わり、好き嫌いも少なくなってきましたが、
今でも給食が原因でイカフライは苦手です。

11日、久々にcrewの1人とサシで会います。
男2人で、サシで、、、ゆっくり話しが出来て良い店、、、悩み中です。
可能な限り内部被曝を少なく出来そうなお店を探します。

広告を非表示にする