読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

Deceptikon Japan Tour 鹿児島編〜2/2

「一年、あっという間」と感じる師走ですが、前回のBlogを更新してから
さらに一週間があっという間に過ぎてしまい、更新が遅くなりました。

すみません。


では、鹿児島編の続きをざっくりと。


・11月29日(日)

この日は朝から空もどんよりとし、小雨が降っていました。

チェックアウト後、外園さんと合流し、
Deceptikonを待っていたのですが、彼らはチェックアウトを延長し、
そのまま鹿児島市へ向かうという事で、私たちは朝食を食べに移動しました。


車で少し走ると倉庫らしき建物が。

イベントにも遊びに来てくれた方の兄弟が営んでいる『ARAHEAM』。

倉庫の中に3つのお店が入っていました。

面白いアイディアですし、オシャレな空間でした。



(2015年11月29日 ARAHEAMにて〜iPhone


そのカフェで朝食を。


(2015年11月29日 ARAHEAMにて〜iPhone


例の『ふくどめ小牧場』のハムを使ったサンドウイッチ。

美味しかったですが‥これは私がオーダーしたものではなく、Yさんが。


この頃、私は既に食欲が無く、ふらふらしていました‥。

完全に風邪が悪化していました。

昨日、ふわふわしていた感覚は、風邪の初期症状だったようです‥。



(2015年11月29日 道中にて〜iPhone


その後、鹿屋市でも知る人ぞ知ると言われるクスの木や滝へ案内してもらいました。


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


塚崎のクス。


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


縄文杉より半分以上の若さですが樹齢は1200年から1300年以上。
しかも古墳を守るようにクスの木が‥。

小雨と湿気で辺り一帯がさらに神々しく幻想的でした。


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)



(2015年11月29日 塚崎のクスにて〜RICOH CX4)


とてつもなく強いものを感じましたが、それ以上に切断された部分が痛々しく、
まるで人間の指が切断された後のような丸みを帯び、クスの木が叫んでいるようにも‥。


"それでも生きている‥"

"それでも生きていく‥‥"


‥ここは本当に凄かったです。

蟲師の世界観さながら、
とんでもない主と沢山の蟲が共存しているエリアなのかも知れません。



そして隣町、錦江町の滝へ。


(2015年11月29日 神川大滝公園にて〜RICOH CX4)


神川大滝公園

綺麗に整備された道を進むと、ど〜〜っんと!


(2015年11月29日 神川大滝公園にて〜RICOH CX4)


大滝です。


(2015年11月29日 神川大滝公園にて〜RICOH CX4)


ここまで幅広の滝はあまり見た事がなかったので圧巻でした。


しかし、寒気が止まらず‥。

予定していた、鹿児島名物、黒豚を使ったとんかつなどなど、
全てキャンセルし、お蕎麦屋さんへ。

ざるそばの小盛りしか食べる事ができず、本当にとほほな感じでした。


そのまま早めに空港まで送って頂きました。


外園さん。

色々とご心配をお掛けしてしまい、本当にすみませんでした。


Yさんと別の便で帰る為、その後二時間以上‥
空港のロビーで寒気と目眩、吐き気と一人戦っていました。

冷たい水を口に含んだ瞬間の感覚から考えると、熱も上がっていることに気付きました。

さらに私の乗る便の出発が遅れるというアナウンスも流れ、さらに気が遠くなりました‥。

薬を飲んでしまったので、吐くにも吐けず、ただ耐えるしかなく。


大した話ではないのですが、本気でしんどかったです。


しかし結果的に飛行機が遅れたお陰で少し動けるようになり、
なんとか搭乗し羽田空港へ到着しました。




実は、イベント翌日に体調を崩す事は今回が初めてではありません。

もちろんその時の体調にもよりますが、DJは想像以上に頭と体力を使います。
ただ人の音源を、だらだらかけているだけではありません。

でも最近では機材が発達し楽にPlayする事も可能な時代です。
重いレコードを持ち運ばなくてもUSBやPCがあれば出来てしまいます。

多種多様なPlayスタイルがありますが、そこは一線引かせて欲しいのが本音です。


そうしたPlayスタイルの人達に比べ、少なくても‥魂を削ってPlayしています。
それもあり、翌日ダウンしてしまう事も‥。

ちょっとかっこいい言い方に聞こえるかも知れませんが、本当の話です。

今のスタイルで後何年現場に立ち続ける事が出来るか分かりませんが、
可能な限り続けていきます。


"それでも生きている‥"

"それでも生きていく‥‥"


塚崎のクスを見て感じた言葉は、自分の内なる声なのかも知れません。



鹿屋市

また訪れたい街の一つです。

その為に今出来る事を継続させつつ、精進します。


二日間、本当にお世話になりました。


有難うございました!




お世話になったお店など一覧でメモしておきます。

・『valetta
鹿児島県鹿屋市共栄町6981-2
Tel&Fax 0994-43-2221

・『きの屋
鹿児島県鹿屋市新川町601-2
Tel 0994-41-3502

・『ふくどめ小牧場
鹿児島県鹿屋市獅子目町81-1
Tel 0994-48-2324

・『ARAHEAM
鹿児島県鹿屋市札元1丁目24-7
Tel 0994-45-5564

広告を非表示にする