opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

若者の反乱が世界に連鎖した

休憩中に一つ更新しておきます。

次の日曜日、21日の21時からNHKスペシャル
新・映像の世紀の第5集が放送されます。

タイトルは『若者の反乱が世界に連鎖した』です。

1960年代末、既存の政治体制にNOを突きつける若者たちの反乱が、
まるで示し合わせたかのように、同時多発的に巻き起こった。

西側で巻き起こったのは、ベトナム戦争反対の声だった。

アメリカ、フランス、ドイツ、日本。そして東側でも、自由と民主化を求める声が
沸き上がった。チェコスロバキアでは、プラハの春という民主化を求める動きが
起こっていたが、急激な民主化を警戒するソビエトが弾圧した。
若者たちを団結させたのは、テレビだった。衛星中継が実用化され、東西の壁を越え、
あらゆる出来事が世界に瞬時に伝わるようになっていた。

パリの学生が警官に投げつけたレンガの音は世界中に鳴り響き、プラハの若者が
戦車に立ち向かう表情を世界が見ていた。その爆発的なエネルギーは、それまでの
価値観を壊し、カウンターカルチャーと呼ばれる新たな文化を生み出した。

もうひとつ、若者たちを突き動かしたものがある。その時代、若者たちの多くが、
ふたりの革命家の肖像を掲げた。

キューバ革命を起こしたチェ・ゲバラ、中国を建国した毛沢東である。
1960年代、ふたりの革命家とテレビによって突き動かされた、
若者たちの反乱の時代を見つめる。


放送が楽しみです。


3月に入ると、震災関連の特集が続けて放送されます‥。

もう少しで、あれから5年です。

広告を非表示にする