opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

白血病労災基準超す

複雑な思いがしますが、メモしておきます。

1万人って…。


こうした作業員の方々のお陰で、
普通に生活が出来ている事を忘れないで下さい!

もちろん普通に生活出来ていない人も沢山います。

今期のこの鬼のような暑さの中、
今でも現場では沢山の作業員の方々が必死に作業されています。

様々な事情があり働いている人、自分の意志で働いている人、
それぞれ異なりますが、命がけです。


▼『1万人、白血病労災基準超す 福島第一で被曝の作業員』
朝日新聞デジタル 8月5日(月)15時14分配信

福島第一原発で事故から9カ月間の緊急作業時に働いた約2万人のうち、
白血病の労災認定基準「年5ミリシーベルト以上」の被曝(ひばく)を
した人が約1万人
にのぼることが、東京電力が7月に確定した集計から分かった。

作業員の多くは労災基準を知らず、支援体制の整備が課題だ。

原発作業員は年50ミリ超、5年で100ミリ超を被曝すると働けなくなる。

これとは別にがんの労災を認定する基準があり、白血病は年5ミリ以上被曝した人が作業開始から
1年過ぎた後に発病すれば認定される。原発事故後には胃がんなどの労災基準もできた。

東電の集計によると、福島第一原発で2011年3月11日の事故から
同年12月末までに働いた1万9592人の累積被曝線量は平均12・18ミリで、
約5割にあたる9640人が5ミリ超の被曝をした。

この人たちは白血病を発病すれば労災認定される。

今年6月末には累積で5ミリ超の被曝をした人は1万3667人になった。

今後も汚染水対策など被曝の恐れが高い作業が予定され、
白血病の「年5ミリ以上」の労災基準に該当する人は増え続けるとみられる。

ーーーーーーー

そんな中、こんな記事も。。。
呆れます。

▼『福島第1原発 非常事態だが 汚染水対策 
   政府は“休業” 経産省の委員会 会議予定すらなし』
赤旗新聞 2013年8月5日(月)

東京電力福島第1原発放射能汚染水が海に流出する非常事態です。

しかし、政府として汚染水対策にあたる経済産業省資源エネルギー庁汚染水処理対策委員会
4月に発足して以降3回しか会議を開いておらず、東電が先月、汚染した地下水が海に
流れ出したことを認めた後も、会議を開く予定がなく、事実上の開店休業状態になっています。

原発再稼働と輸出には前のめりの一方で、事態を打開するために本気で取り組もうとしない
安倍政権の無責任ぶりが際立っています。

・規制委・東電まかせ


(写真)増え続ける汚染水を貯蔵するタンク群=東京電力福島第1原発

委員会は4月に発覚した第1原発の地下貯水槽の汚染水漏れを受け、
政府の廃炉対策推進会議(議長・茂木敏充経産相)の下に設置されました。

原子炉建屋などの地下に1日400トンの地下水が流れ込んで汚染水が増え続ける中で、
東電の場当たり的対応が次々失敗することに国民の批判が集中。

政府も何かやっていることを示そうとしたものです。

3回の会議を開いて5月に「地下水流入抑制のための対策」をまとめた後は、
“休業”状態になっています。

第1回会議では、「汚染水処理問題を根本的に解決する方策や、今般の汚染水漏えい事故への対処を検討する」
として、中長期の対応と短期の対応にあたるとしていました。しかし、5月に1〜4号機の原子炉建屋周辺を
土を凍らせた遮水壁で地下水の流入を防ぐとする「対策」を決めただけです。

福島第1原発では地下水が広い範囲で汚染され、海への流出も明らかになり、
危機的状態になっているのに何の動きも示していません。

7月31日の原子力規制委員会でも、更田(ふけた)豊志委員は
「緊急的な対応が必要なものには国としてのコミット(関与)が明確になっていない」と発言しています。

経済産業省の委員会事務局は、本紙の問い合わせに対し
「次回の会議の予定は未定。凍土壁の有効性の調査を今年度中にまとめるので、
調査の進捗(しんちょく)があった段階で開こうかなということ」と説明。

汚染水への対応は原子力規制委員会東電まかせの態度です。

2日の規制委の汚染水対策検討会でも出席したエネルギー庁の担当者は
東電と日々相談している」と述べるだけでした。

ーーーーーーー

政府と東電
残念ですが、どっちもどっち、目くそ鼻くそです。


心配されているのは、このままでは作業員がどんどん減るという事です。

政府が対策を考ているとは思えないのですが…。

もしかしたら…
TPPが進み、海外企業や労働者が沢山入ってくる中で、
その中から原発で作業させるという計算があるのでしょうか?

歴史を見ても、
そのやり方は、アメリカと類似します。


こうして、どんどんアメリカのような国になってしまうのでしょうか?

ん〜・・・恐ろしいです。。。

広告を非表示にする