opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

案の定都内でもストロンチウム

SAVE CHILDさんからです。

本当にいまさら、、という感じですが、メモしておきます。

『震災直後、東京都内でも微量ストロンチウム
asahi.com 2011年11月3日1時57分

東京都内の大気中から、3月の震災直後に微量の放射性ストロンチウムが検出
されていたことがわかった。
世田谷区内の都の関連施設で検出されたが、
都は「数値が低く、健康に影響を及ぼす可能性は低い」として公表していなかった。

 施設の敷地で3月15日に採取した大気中1立方メートルの浮遊物質の中から、
ストロンチウム90が0.01111ベクレル検出された。検査機関が6月21日に都に報告した。

都は「セシウムが検出されれば、一定の割合で微量のストロンチウムも出る。
特段問題だとは考えていない」と説明している。

ストロンチウム90は半減期が29年。化学的な性質がカルシウムと似ていて、
骨に沈着して白血病を引き起こす原因になるとされる。

横浜や先日も逗子市の小学校の排水溝内土壌からストロンチウム検出されました。

以前、専門家の方々も言っていた通り、
セシウムがある所にはストロンチウムがあると考えるのが妥当だ。』

まさにその通りですね。そう考えると、各地に飛散したセシウム、、という事は、、ですね。


茨城新聞には、こんな記事が。
16市町村の土壌ストロンチウム調査 県、12月上旬公表へ
2011年11月1日(火)

参考までにですが、震災2日後、3月13日に新宿へ出て、その様子を写真に撮ってきました。

一部、紹介させて頂きます。

この時すでに都内も汚染されていました。

前日に一号機が水蒸気爆発を起こしていたので、勘のよい人達は、
マスクをつけていましたが、大半の人は、、、残念ながら。。。


(2011年03月13日 新宿東口出口にて〜RICOH CX4)


(2011年03月13日 新宿東口出口 メガネ店前にて〜RICOH CX4)


(2011年03月13日 新宿東口みずほ銀行前にて〜RICOH CX4)


(2011年03月13日 新宿通りにて〜RICOH CX4)


(2011年03月13日 新宿通り 新宿三丁目交差点にて〜RICOH CX4)


(2011年03月13日 帰りの電車内にて〜RICOH CX4)

新宿は、抜けるような青空でした。

思ったより街が普通に動いているのに違和感を覚えました。

この時、すでにコンビニから商品が無くなるという事態が起きていましたね。。。


さて今日、東京都にがれきが到着しました。
また、様々な議論になる事でしょうね。

この東京都のがれきの件は、また後で詳しく触れます。

広告を非表示にする