opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

柏市の空き地から57.5マイクロシーベルト

漢方談話さんからの情報です。

びっくりする値、、です。

『柏の空き地57・5マイクロシーベルト 原発事故以外に原因か』
東京新聞 2011年10月22日 朝刊

千葉県柏市は二十一日、同市根戸の市有地内で、地面の表面から
毎時最大57.5マイクロシーベルトと高い放射線量を検出したと発表した。
現場は空き地で、地元町会が行事の会場として利用している。

土を削っても線量が下がらないため、市は福島第一原発事故によるものではない放射性物質が、
地中に埋まっている可能性が強いとみている。 

毎時最大57.5マイクロシーベルトの値は、福島第一原発から31キロ北西の
福島県浪江町赤宇木で同日測定された毎時14.6マイクロシーベルトを大きく上回る。

市有地の面積は7360平方メートル。市は現場を土で覆って放射線を遮り、
周囲を立ち入り禁止にするなどの措置を取った。

線量の高い部分は半径1メートルほどと狭く、最も近い15メートル先の民家に影響はないとしている。
22日からは降雨が想定されるため、24日以降に詳細な調査と除染を行う方針。

市によると、18日に放射線計測器を持って散歩していた近隣住民から市に「計測器が反応する」と
相談があった。市の簡易測定で、毎時10マイクロシーベルトを超えたため、専門機関が詳しく調査した。

市有地は、JR常磐線北柏駅から500メートルほど北に位置する住宅街のはずれにある。

ーーーーーーー

場所を特定するのは、、と思いましたので、参考までに地図をアップさせて頂きました。

これを見ると、な〜んとなく特定出来ると思います。。。


しかし、ここまでの高い値が出るという事は、また世田谷区の時と同じような感じでしょうか?

広告を非表示にする