opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

まものと王子様

メモしておきます。

 

f:id:opuesto:20180409144712p:plain

 

f:id:opuesto:20180409144708p:plain

 

とある国のまっくらな森のその奥に、

ひとつの種族が

ひっそりと暮らしていました。

背中に大きな翼を持つ彼らは美しく、

しかし ”魔物” と呼ばれる存在でした。

そこで暮らす魔物の姫。その背中には

大きく成長した灰色の翼がありました。

彼らは16歳になると、その翼で

森の外まで飛ぶ事が許されていました。

 

f:id:opuesto:20180409144702p:plain

 

そして、迎えた誕生日。

姫は初めて森の外へと飛び立ちました。

険しい山を越え、小川を越え、

辿り着いた先は種族の違う、ヒトの国。

空には月が顔を覗かせています。

 

大きなお城の庭に降り立つと、

月を見上げる一人の

青年の姿がありました。

姫は茂みに隠れ、青年の姿を見つめます。

それは初めて芽生えた恋でした。

しかし、彼らはあきらかに

自分とは違う種族。

魔物がヒトと結ばれる事などありません。

 

f:id:opuesto:20180409144903p:plain

 

姫は森に暮らす、魔女の元へ訪れました。

「ヒトとして生きたい。

あのヒトと結ばれたいの」

すると魔女は言いました。

「いいとも、お前の翼とひきかえだ。

しかし、覚えておいで。

どんなに姿を偽っても、

魔物のお前はいずれ、

王子の命を食ってしまうだろう」

 

背中の大きな翼をもぎとると、

今まで感じた事のない、

恐ろしいほどの痛みが姫を襲います。

二度と空を飛ぶ事の出来ない姿。

 

それでも姫は嬉しくて、

涙ながらに笑いました。

「ニンゲン!ニンゲン!

私はあの人と同じになれた!」

 

f:id:opuesto:20180409144859p:plain

 

姫は再び自分の足で人の国へ向かうと、

砂漠に人影がありました。

「大変だ!誰かこのお方を

助けられる方はいないのか!」

そこには毒蛇に

足を噛みつかれた青年の姿。

姫は慌てて噛まれた

傷口の毒を吸いだします。

「ありがとう。なんて勇敢な人なんだ。

僕はこの国の王子です」

王子は姫がお城で出会った

あの青年でした。

「貴方は僕の命の恩人です。

僕と結婚してください」

 

f:id:opuesto:20180409144854p:plain

 

結婚式はすぐにとり行われました。

純白のウェディングドレスに

身を包んだ姫に、神父は問います。

「病める時も健やかな時も、

死が2人を分かつまで、

寄り添い続けると誓いますか?

 

「はい、誓います」

結婚指輪を交換し、神父の合図で

2人は誓いのキスをすると

「王子の命を救った

勇敢な少女に祝福を!」

大きな歓声と共に、国中が

喜びに溢れました。

 

f:id:opuesto:20180409144850p:plain

 

「人間、人間!空飛ぶ力も羽もなければ、

鋭い牙も爪もない。弱くて麗くて、

儚い生き物。

でも、なんだかとても温かい。

人間って素敵だわ」

 

それから、人の国の姫として、

幸せな日々を送ります。

お仕事をする王子を隣で支え、

時にはゆっくり色んな場所へ

旅にでかけました。

サファイアを散りばめたような大海、

煌く光の草原、

燃え盛る炎のように揺らめくオーロラ。

姫は王子の手を握り、微笑みました。

「私を離さないでね。XXXX」

 

f:id:opuesto:20180409144844p:plain

 

しかし、姫の幸せは

長くは続きませんでした。

 

身体を焼かれるような痛みに

目を覚ますと、

そこには醜い魔物へと

変わろうとする自分の姿。

鋭く尖った爪はメキメキと

音をたてて伸びていました。

 

「どうして?私はニンゲンに

してほしいと頼んだはずよ」

その背中から醜い真っ黒な翼が肉を皮膚を

突き破るように広がっていきます。

「魔法を使うからには代償もある。

お前は十分ニンゲンとしての

幸福を得ただろう。後は我を失い、

醜い化物になるだけだ」

森の魔女の言葉が次々と姫へと

囁きかけます。

「しかし、お前が最も愛する者を

その手で殺せば、お前の呪いも解け、

元の魔物の姿へ戻れるだろう」

 

f:id:opuesto:20180409144953p:plain

 

姫は愛する王子を見つめました。

王子の首へと伸びる長い爪。

誰よりも愛おしいヒトなのに、

今にもそののど元を掻っ切って

しまいたいという気持ちが

湧き上がってきます。

必死に抑え付ける自分の手からは

血が滲んでいきます。

 

「王子を殺せば、呪いは解ける‥‥‥」

姫は涙を流しながら、

王子の頬にキスをしました。

 

f:id:opuesto:20180409144948p:plain

 

王子が目を覚ますと、

隣に姫の姿はありません。

代わりに、ベッドの上にはたくさんの

漆黒の羽がありました。

 

王子は悲しみに暮れ、

国中を探しましたが、

姫の姿を見た者はいませんでした。

 

 

絵本『まものと王子様』

絵:南野あき

文:高雄統子・山崎莉乃

デザイン:久保田彩(グラフィニカ

 

ダーリン・イン・ザ・フランキス

〜第13話『まものと王子様』より

 

 

 

広告を非表示にする