読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

損失という言葉の裏

年始から続く株の大暴落で『GPIF運用損 「消えた年金」は2週間で7兆円突破』。

この記事も気になりますが、まずはこちらをメモしておきます。


オリンピック関連の記事です。

▼『五輪旧エンブレムで損失 約1億900万円』
NNN 2016年1月19日 21:19

2020年東京オリンピックパラリンピックのエンブレムが白紙撤回された問題で、
大会組織委員会の損失は約1億900万円になったことが分かった。

2020年大会のエンブレムは、去年9月に白紙撤回され、大会組織委員会が損失に
ついてまとめたところ、最終的に約1億900万円になったという。

内訳を見てみると、去年7月の発表イベントに6800万円、
商標調査と登録費用に3100万円、応募と選考関係に900万円、ポスターや名刺、
それにホームページの作成に100万円がかかったという。


あんな発表イベントに6800万円(ハッキリ言ってXXです)、
商標調査と登録費用に3100万円(一体何を調べたのでしょうか‥あの結果で)、
応募と選考関係に900万円(選考関係?選考に関わった方々のギャラですか?)、
ポスターや名刺、HPに100万円(この金額以上だと思いますが‥)。

相変わらずでたらめな数字ばかりです。


ポイントは他にもあります。

”約1億900万円の損失”

損失ではなく、この金額は確実に誰かの手に、どこかの企業に流れているお金の話です。

言葉のトリックです。


そのお金の一部が、組織委員会や政治家のにバックされている可能性もゼロではありません。

昔々‥
あの筋や、その筋の先輩方から「そんな話は当たり前、良くある話だよ」と。


笑えない話ですが、そんなものです。


納税者の皆さん。

もう少しこの手の話に関心を持ってください(苦笑)。


なんて、偉そうにすみません。



それにしても冷えます。

青梅市は-5.7℃まで下がったそうです‥。

明日、21日は大寒です。

冷えるわけです。


節約の為に暖房を我慢しつつ、この手の無駄遣いを見ると、
「お金って?」と、訳が分からなくなります。


"奴隷は奴隷らしく生きなさい" と永田町方面から聞こえてきそうです。


なんて。

広告を非表示にする