opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

企業の対応とジャムおじさん

様々な事件や事故は、

当たり前のように多発しています。

 

ただ‥

人はどこか他人事にそれを捉えてしまいます。

 

それが普通と言われてしまえば

そうかも知れません。

 

でも‥それが身近で起きると‥

捉え方が一味も二味も変わってきます。

 

 

今日、Twitterをチェックしていたら‥

 

 友人Rさん(以下Rさん)のツイートです。

 

友人が、有名な某巨大企業の商品に異物混入(子供用のふりかけに錆びた金属!!)してて、企業に申し出をしたけどそんな事あるわけないと認めないらしく、かなり悲しい思いをしている。大きな企業だから、認めてしまうとすごい大きな事になる…そんな事分かるけど…ダメでしょそんなの。

 

「ん?錆びた金属??」と。

 

その後、Rさんと連絡を取り

詳細を聞きました。

 

Rさんの友人のAさんが

購入した商品に異物が混入していたと‥。

 

まず、混入物の写真がこちらです。

 

f:id:opuesto:20161201202541j:plain

 

写真から見るに、大きさは約1㎝。

 

なかなかの錆び具合です。

 

 

商品詳細は下記の通りです。

 

f:id:opuesto:20161201202702j:plain

 

・商品名:それいけ!アンパンマンまぜごはんの素 鮭わかめ

・生産工場:株式会社 永谷園 岡山工場

・生産日:2016年9月26日

・賞味期限:2017年9月26日

・購入場所:阿倍野キューズモール内の赤ちゃん本舗

・購入日:2016年11月18日

 

 

当然、Aさんは永谷園に連絡を‥。

 

そのやり取りがこちらです。

 

昨日永谷園の方が調査結果の報告へ来ました。

 

結論から言うと永谷園ふりかけへの異物混入の事実さえ認めず当社の製造工程で混入することはあり得ないの一点張り。まるで通報者を犯人扱いするような調査結果を出して来ました。

 

ふりかけに混入していたのは鉄が99%その他マンガン、クロム、銅でできていて表面や内面にはサビが検出されそのまま飲み込めばのどや食道を傷つけるほどの危険な物でした。

 

もちろん納得できないので保健所に再度調査して貰います。

 

食に関係する企業にとって食品への異物混入は100%避けられないしどこの企業にも混入の可能性がある。だからこそ真摯に受け止めまず認めて徹底した事実解明、改善策に取り組んで欲しい。

 

永谷園 異物混入で検索するといろいろ出て来ました‼️

 

一度も認めていませんが…

 

永谷園の方に『わたし以外にふりかけに異物が混入していたとの報告は過去にないんですか?』と聞くと

 

はっきり大きな声で『あります‼️』と答えてました。

 

それが全てだと思いました。

 

わたしが最後に『わたしはどうでもいいんです‼️ただまだ上手に喋れないこども達がもしかしたら口にしてるかもしれないんです‼️こども達の身体に影響を及ぼすことのない物なのか…実際嘔吐、下痢の症状が出ています‼️もし何かあったら…そんな時に何かできるのは親でしょ‼️』と怒りと悲しみと腹立たしさと何とも言えない感情になり涙してしました。

 

するとお子さんもいる永谷園の方が初めて泣きました。

 

その涙の裏には何があるのか…

 

だだ言えることは永谷園はもう絶対に買いません‼️

 

 

 

さらに永谷園からの

”調査報告書” も送ってもらいました。

 

※名前は黒塗りさせて頂いています。

 

f:id:opuesto:20161201170003j:plain

(調査報告書: 1枚目)

 

確かに‥

「鉄が99%、その他マンガン、クロム、銅が検出されました」と。

 

以下、気になったポイントを文字に起こします。

 

f:id:opuesto:20161201170004j:plain

(調査報告書: 2枚目)

 

f:id:opuesto:20161201170005j:plain

(調査報告書: 3枚目)

 

・生産当日の記録を確認しましたが、

トラブルの発生はなく通常の生産状態でした。

 

f:id:opuesto:20161201170006j:plain

(調査報告書: 4枚目)

 

・これまでに同様のお申し出はありません。

 

f:id:opuesto:20161201170007j:plain

(調査報告書: 5枚目)

 

この5枚目は全ての文言に違和感が‥。

 

4、原因および対策

 

・上記のとおり調査を実施いたしましたが、

明確な混入経路の特定には至りませんでした。

 

・しかしながら、工程内の金属探知機ならびX線検査機で

確実に検知・排除が可能なこと、同様のお申し出がないことなどから、

本商品にお申し出異物が混入していた可能性はないものと考えます。

 

・いずれにいたしましてXX様へご迷惑をおかけしたことは

事実であり、改めてお詫び申し上げます。

 

・本件につきましては、作業員ならびに責任者に対して

発生の事実を伝えた上で、あらためて異物混入防止対策の

徹底を指示いたしました。

 

この度、XX様からのご指摘をいただいたことで、

改めて異物混入防止対策を確認する機会を得ることができ、

管理体制強化の意識向上を図ることができました。

心よりお礼申し上げます。

 

 

いかがでしょうか?

 

・生産当日の記録を確認しましたが、

トラブルの発生はなく通常の生産状態でした。

 

・これまでに同様のお申し出はありません。

 

・本商品にお申し出異物が混入していた可能性はないものと考えます。

 

まず‥

”認めない”

”他に問い合わせがないから”

‥という強気な姿勢。

 

 

〜心よりお礼申し上げます。

 

この言い回しにも

正直‥ぞっとしました。

 

 

永谷園を知らない人は、

おそらくいないと思います。

 

昭和27年に創業された老舗です。

 

この企業のことを掘ってしまうと、

話が長くなりますので、

割愛させて頂きます(苦笑)。

 

 

異物混入に関しては、

どうしても避けられない事故だと思います。

 

従業員が入れてしまうケースもありますが、

ほとんどは事故だと思います。

 

問題は、その後の対応です!

 

 

最悪な最近の例だと

はごろもフーズの様な隠蔽体質です。

 

 

Aさんも言っていましたが、

 

永谷園 異物混入で検索するといろいろ出て来ました‼️

 一度も認めていませんが…」

 

ここがポイントです。

 

確かに永谷園の異物混入は

ニュースなどで大きく取り上げられていないです。

 

そこで‥

 

一応‥

代表取締役社長の人を

ちょっと調べてみましたが、

ネット上には不思議な程‥情報が無いです‥。

 

大企業の社長さんなのに‥。

(もう少し深く調べてみますので、宿題とさせてください)

 

 

工場などで大量生産されている食品に関して、

疑いの目を持ったらキリがありません。

 

消費者は信頼を買っています。

 

それを嘲笑い、

裏切る行為は‥いかがなものかと。

 

 

永谷園‥。

火種の数々で大怪我にならないとは言い切れません。

 

どんなバックが付いていても、です。

 

 

アンパンマンの様に、

ジャムおじさんが手作りで1つ1つ作っていたら

こんな事は起きないと思います。

 

もちろん、

それでは商売・ビジネスとしては成り立ちませんが。

 

 

真摯的な対応が望まれる企業の1つだと

今回改めて感じました。

 

 

 

情報を送ってくれた、Rさん、

そして‥Aさん。

 

有難うございました。

 

微力ながら、

今回の事例をここに残しておきたいと思います。

 

 

 

広告を非表示にする