opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

鳥取地震

21日(金)14時07分、

鳥取県中部を震源とする

最大震度6弱地震が発生しました。

 

これまでに体に感じる余震が200回を超えたようです。

 

当日、遅めの昼食をとろうとテレビを観ていた時に、

この地震が発生しました。

 

鳥取・・・?」

 

以前(4月)NHKスペシャルで放送されていた

『巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』

思い出し録画してあった番組をチェックしました。

 

放送内で京都大学 防災研究所

西村卓也 准教授が指摘していたエリアが鳥取でした。

 

f:id:opuesto:20161024110436j:plain

NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より)

 

f:id:opuesto:20161024110324p:plain

 NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より)

 

f:id:opuesto:20161024110325p:plain

NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より) 

 

しかもここでは去年から怪しい兆候がありました。

 

f:id:opuesto:20161024110437j:plain

NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より)

 

体に感じ無いものも含めると400回超える地震が発生していたのです。

 

f:id:opuesto:20161024110404p:plain

NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より)

 

しかも、活断層が確認されていない地域で。

 

f:id:opuesto:20161024110403p:plain

 NHKスペシャル巨大災害 日本に迫る脅威 地震列島 見えてきた新たなリスク』より)

 

西村卓也 准教授は

GPSのデータから将来どこで地震が起きるか

予測出来ると考えています。

 

予測が出来てそれを活用出来る時代が来ることを願います。

 

さらに‥

熊本地震のように、

これが前震でさらなる本震が来ないことも願います。

 

 

ちなみに‥

西村卓也 准教授に関しては

2012年5月のBlog『地震予測とGPS』でも触れていました。

 

 

 

 

広告を非表示にする