opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

熊本地震から半年

昨日の夜に熊本ラーメンを家で食べつつ、

「明日で半年か‥」と考えていました。

 

▼『熊本地震の発生から半年…今も205人が避難所で生活』

ANN 2016/10/14 11:51

 

震度7を最初に観測した熊本地震から14日で半年になります。県内各地で黙祷(もくとう)が捧げられるなど犠牲者を悼みました。熊本県庁では午前9時に蒲島郁夫知事らが黙祷を捧げました。一連の地震では、関連死なども含めるとこれまでに110人が亡くなっています。仮設住宅の建設は全体の9割が完成していますが、今も205人が避難所での生活を余儀なくされています。また、全壊や大規模半壊の住宅は2万4000棟以上に上っていて、道路なども含めると被害の総額は約3兆8000億円と熊本県は試算しています。

 

長期の支援が必要です。

 

8日には阿蘇山も噴火しました。

 

12日には東京で大規模な停電が発生しました。

(これは自然災害ではないですが)パニック状態に‥。

 

それを見て改めて感じたのは、

”本当に首都直下型地震が発生したらどうなるのか” です。

 

想像をはるかに超えたパニックになることは間違いありません。

 

東日本大震災以降、

このBlogや実際に会った方々に

「備えてください。死にたくなかったら‥」と

何度も伝えてきました。

 

でも残念なことに未だに何も備えていない

知り合いが居るのも事実です。

 

がっかりしましたが、

再度「備えてください。」と伝えました。

 

家族や友人、仲間や知り合いには死んでほしくないからです。

 

ただそれだけです。

 

「自分は大丈夫!」

 

そんな寝言は二度と言わないでください。

 

 

何度でも言います。

 

備えてください。

 

物質的なものだけではなく、

日々イメージすることも本当に大切です。

 

 

 

 
広告を非表示にする