opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

ある特殊な親子の会話

「 」‥娘(ミチル)
『 』‥母(真賀田 四季)



「お母様。海は月より人間に必要なものに思えます」

『それは人間との関係が強いということ』

「人間も他の多くのものと関係しているのですね」



『そうですね。一人一人の人間の存在がその周辺に影響を与えます。
 でも人は周りの人やものの為に存在しているのではありません。
 つい誰かの為になりたい、皆んなの役に立ちたい、それを自分の存在の理由に
 したいと考えがちなのです。存在の理由を分からないままにしておけないのね。
 常に答えを欲しがる、それが人間という動物の習性です』



「欲しがってはいけないのですか?」



『いいえ、欲しがることは間違いではありません。
 しかし、完全なる答えなど無いのです。でもそれを問い続けることはとても大事なことです』

「近づくことは出来るのですね」

『そう考えれば良いと思います。でも私にもまだ分かりません』

「お母様にも分からないことがあるのですか?」



『もちろんです。分からないことがあるから、人は優しくなれるのです』

「どうしてですか?」

『全てが分かってしまったら、何も試すことが出来ません。
 何も試さなねれば、新しいことは何も起こらない。人は分からないことの答えを知りたい
 と思って追い求める、そこに優しや懐かしさ、そして喜び楽しみが生まれるのです』

「私はお母様にいつも聞いています。こうして答えを求めることで、私は優しくなれますか?」



『そうね、私が居ない時もいつも問いなさい。誰も答えてくれない時も問い続けなさい。
 自分で自分に問うのです。それを忘れてはいけません。それがあなたの優しさになるでしょう』



「分かりました。お母様」




▽『すべがFになる THE PERFECT INSIDER 第十一章 無色の週末』 より〜

広告を非表示にする