opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

アメリカ南部・フランス南部 洪水被害

また一気に秋めいてきました。

朝晩の寒暖差が10℃を越え+季節の変わり目で風邪が流行しています。

私も少し前から地味に風邪気味+また歯が‥困ったものです。

皆さんも風邪対策をいつも以上に心掛けてください。


話は変わりますが、今日洪水に関して2本の記事を読んでいました。

アメリカ南部・フランス南部の洪水被害に関してです。

▼『米サウスカロライナ州「千年級の豪雨」 道路冠水で3人死亡』
CNN 2015.10.05 Mon posted at 10:27 JST


(豪雨による道路の冠水が相次いでいる=Sam Roback)

サウスカロライナ州チャールストン(CNN) 米南部サウスカロライナ州
4日にかけて記録的な豪雨に見舞われている。ニッキ・ヘイリー州知事は
同日午後の記者会見で「1000年級の豪雨になった。これは誇張ではない」
と述べ、引き続き警戒するよう呼びかけた。

専門家はこの表現について、年間にこれほどの雨が降る確率は1000分の1の
確率でしかあり得ないという意味だと解説している。

これまでに同州マウントプレザントで600ミリ、チャールストン周辺で500ミリ、
ジルスクリークや州都コロンビアで450ミリを超す「驚異的な雨量」(米国立測候所)
を観測。同測候所は各地に鉄砲水警報を出し、「極めて危険な状態にある」と警告した。

道路の冠水による被害も相次いでおり、過去12時間で3人が死亡、750カ所あまりで
救助隊が出動した。当局は、たとえ水位が浅く見えたとしても、冠水した道路に車で
進入しないよう呼びかけている。州都コロンビアの市内や周辺の州間道路は
すべて通行止めになった。被災地には救助隊に加えて州兵600人が出動して、
住民の救助や避難誘導に当たっている。

オバマ大統領はこの前日、1日にさかのぼって同州全域を対象とする
非常事態宣言に署名していた。国立測候所によれば、24時間で450ミリを超す
雨量を観測したバークリー郡では、5日にかけても壊滅的な鉄砲水が発生する恐れがある。

4日現在、ノースカロライナニュージャージーバージニアの各州にも非常事態が
宣言され、国立測候所はジョージア州からデラウェア州にかけての一帯に洪水注意報を出した。


場所がピンっと来なく調べてみました。

この辺です。

それにしても驚異的な雨量になっています。


もう一箇所。

▼『リゾート地でも…フランス南部の洪水で17人が死亡』
ANN 2015/10/05 05:57

フランス南部で大規模な洪水が発生し、これまでに少なくとも17人が死亡しました。

AFP通信などによりますと、リゾート地として有名なカンヌなどフランス南部一帯で、
3日に激しい雨が降りました。アンティーブでは、川の堤防が決壊して近くの
老人ホームに水が押し寄せ、3人が死亡しました。冠水したトンネル内の車の中に
取り残されて死亡した人もいて、死者の数はこれまでに合わせて17人に上っています。

行方不明者も4人いるということです。

各地で道路が通行止めになったほか、多数の列車が運行を取りやめました。
また、約2万7000世帯が停電しました。


多いところで3時間に180ミリを超える強い雨を観測したそうです。

このサイトで洪水被害の写真がチェックできます。


もちろん日本やアジアだけではなく、各地で異常気象は続いています。

また2日に発生した台風23号の動きにも要注意です。


他、中米グアテマラの土砂崩れも‥。

中米グアテマラで1日に起きた土砂崩れで、4日夕までに131人が遺体で見つかった。
まだ300人以上が行方不明になっており、現場では住民や救助隊が
懸命の捜索救助活動を続けている。


先月の中旬にBlogにメモをした「最強のエルニーニョ」。

今までの常識に囚われない備えが必要だと思います。

広告を非表示にする