opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

批判の裏

またあの人の発言が気になりましたので、メモしておきます。

▼『小泉氏「理解進まないのは自民党にも責任」』
NNN 2015年9月30日 21:27

小泉復興政務官は30日、東京都内で講演を行い、安全保障関連法について、
「国民の理解が進んでいないのは自民党自身の責任もある」と述べるなど、
政府・与党の対応を批判した。

「(安保関連法の)理解が進んでいない一つの理由には、自民党自身の責任も、
もちろんあると思います。そういった(自民党の)姿勢も、私は、大きく国民から見ていて、
権力のおごりというか、そういったものが捉えられた部分はあると思う」
小泉政務官はこのように述べ、「憲法違反」との学者の意見を自民党
真摯に受け止めなかったと批判した。

また、安倍首相が例え話を交えながら安保関連法の必要性を説明したことについては、
「例え話は使わない方が良かったと思う」と話し、分かりにくさが残ったと指摘した。

さらに、原子力発電について、「どうやったら原発をやめていけるのか、時間がかかっても
考えていくべき」と述べ、脱原発を進めるべきだとの主張を強調した。

また、来月行われる内閣改造での処遇に関しては、「誰をどこで使うかは総理大臣の人事で、
与えられた場所があったときに全力を尽くす」と述べた。


批判する事で自民党の二面性を強調しているように毎回感じますね。

今の総理の支持率が下がり、自民党のイメージも下がったとしても、
この人がある意味でセーフティーネットになる作戦なのでしょう。

騙されないように注意してくださいね(苦笑)。

来週、10月7日の内閣改造・党役員人事も見ものです。


小泉進次郎政務官の講演詳報』という長い長い記事も発見しました。

小泉進次郎政務官の講演詳報(1)
小泉進次郎政務官の講演詳報(2)
小泉進次郎政務官の講演詳報(3)
小泉進次郎政務官の講演詳報(4)
小泉進次郎政務官の講演詳報(5)

こうなったら‥全部読みたいと思います。

広告を非表示にする