opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

70年目の夏


(2015年08月14日 福井にて〜RICOH CX4)

8月15日、戦後70年の日を福井で迎えていました。

戦争で亡くなったYさんのご先祖様に毎日手を合わせ、
お墓参りと掃除もさせていただきました。


70年という事もあり、例年以上にメディアの動きが活発でした。
もちろん、安全保障関連の問題もあり。

総理の談話でまた騙された方々も多いようですね、残念な話です。


戦争関連の特番をチェックしている中で、
これまで公開されなかった事柄も多く、
最新の映像処理技術により鮮明に蘇る映像にも驚かされました。

1枚の写真を動画に、白黒の映像をカラーに。

驚きと同時に、そのエグさも露骨でしたが、とても素晴らしい試みだと思いました。

悲惨な現実をダイレクトに伝える事でさらに考える人も多くなると。


戦争を反対する動きは、どんどん広がってきているような気がしますし、
賛成する人はほとんど居ないと思います。

それでも、あの総理を辞めさせる動きは相変わらず少ないです。

それは、安全保障関連法案=戦争と考えていない人が多いからです。


瀬戸内寂聴さんと、三輪明宏さんの対談をBSで少しだけ観ましたが、
今の流れを危惧されていました。

瀬戸内寂聴さん
〜今、あの時代に似てきているんですよ。
だからこのまま行ったら、あの作家には書かすなとか、
この作家にはこういうものを書けとか、そういう世の中になると思いますよ。
私は本当に怖いと思いますよ。

・三輪明宏さん
〜だってなりかけているじゃありませんか。
沖縄の新聞社、二つとも潰した方がいいとか、
圧力をかけるには経団連に頼んで広告をまわさせないようにする。
戦時中と同じ事をやり始めていると思いましたよ。

※音声のみですが、こちらで聞けますので是非。


日本が他国に直接的に攻撃をする事は無いにしても、
アメリカに巻き込まれる可能性が大きくなろうとしています。

近隣で言えば、北朝鮮が小さなトリガーになってくると考えるのが妥当ですが、
核兵器だけは使わないで欲しいものです。


戦争に直接的に関わらないようにする為にも、
今の自民党、あの総理を止めなければならないと思います。


そんな70年目の夏です。

広告を非表示にする