opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

埼玉県北部 M5.6

先程、14時28分頃、埼玉県北部を震源としたM5.6の地震がありました。
(その後、M5.5に修正されました。)

最大震度5弱震源の深さは約50キロ。
(その後、約60キロに修正されました。)

デスクで作業中でしたが揺れを感じる直前に、嫌な音が聞こえました‥。


早速、詳しい震源地や断層を調べました。

北緯 36.1度、東経 139.6度。

埼玉県秩父市秩父市役所近くです。

この周辺の断層です。

秩父市には特に目立った断層は見当たりませんでした。

専門家は深めと言っていましたが、あの日の地震
その後の余震と照らし合わせて考えると、浅めかなと。

念のため余震に備えます。


ある専門家の見解です。

今回の地震について、地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の平田直教授は
「今回の地震は、陸側のプレートの下に沈み込んでいる海側のプレートの内部で起きた
可能性が高い。この周辺はプレートの沈み込みに伴ってひずみがたまり、地震が起き
やすい場所で、過去にも年に1回程度は同じくらいの規模の地震が起きている。
このあと、しばらくは震度4程度の揺れを伴う余震が発生するおそれがあるので、
揺れが強かった地域では、棚から物が落ちやすくなっていないかどうか確認するなど、
注意をしてほしい」と話しています。

広告を非表示にする