opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

川崎・中1殺害事件〜友人の話

事件のその後や、その裏、その影が報道される事は少ないです。

ある記者のコラムです。

▼『Listening:<記者の目>川崎・中1殺害事件/上=大場弘行(横浜支局)』
毎日新聞 2015年04月15日

◇彼らの方にあと一歩

川崎市の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が殺害された事件の発生から
2カ月近くが経過し、殺人や傷害致死の非行内容で家裁送致された17〜18歳の
少年3人の少年審判が続いている。世間の関心は既に別のニュースに移ったかもしれないが、
私は取材で出会った上村さんの友人のことが忘れられない。

もう1年近く中学に行っていない中2の少年だ。友の悲惨な死を目の当たりにしながら、
すさんだ生活から抜け出せない子供がいる現実を知ってほしい。

◇上村さんと似た境遇の遊び仲間

上村さんは、上級生や他校の生徒と公園やゲームセンターなどで遊ぶようになり、
事件のリーダー格の少年(18)らと出会ったとされる。その交友関係を取材する中で、
私は中2の少年を知った。年齢は上村さんの一つ上。中学も異なるが、公園でバスケットを
して遊んでいるうちに知り合い、仲がよくなったという。

最初に話を聞いた時は驚いた。

髪形も服装もごく普通だが、会話の最中に平然とたばこを吸い始める。

注意しても「小学6年から吸ってる」と気に留めない。

質問をしても、視線を落としたままスマートフォンを操作している。
同世代の若者が目の前を通り過ぎると「見てるとムカムカする」とにらみつけ、
こちらを見たと思うと「何か買って」「カラオケに連れてって」とせがむ。

そんな少年が、意外な顔を見せた瞬間があった。

取材にいつも付き添う10代後半の姉の仕事は何かと尋ねた時のことだ。

沈黙する姉を横目に、少年は「人身売買だよな」と冗談めかして言った。
姉が「風俗です」と答えると、少年は表情をゆがめ、姉に「死ね、お前」と
言いながら顔を背けた。

狭い安アパートで10代のきょうだいだけの生活。母親は数日おきに様子を見に来るが、
父親は寄りつかない。食事は1日1食。生活は「スマホいじって、疲れたら寝て、
起きたらスマホいじっての繰り返し」。

昼夜は逆転し、アパートは上村さんを含めた友人らの夜のたまり場と化した。

上村さんは一昨年夏、島根県隠岐諸島西ノ島から川崎に引っ越して来た。
母子家庭できょうだいが多い。母親は生活のために早朝から晩まで働き、
アパートを不在にする時間が長かった。

2人の少年が似ているのは家庭環境だけではない。

上村さんは中1の冬休み明けから不登校になったが、少年も中2の初めになると
学校から足が遠のいたという。

◇「面倒臭い」と長期間不登校

少年は不登校の理由を「面倒臭い」と説明した。上村さんも、周囲には同じように
話していた。「何が面倒臭いのか」。私がしつこく問うと、少年は「校則が厳しい」
「宿題が出る」「休むと次に行きづらい」「授業が進んでいる」と理由にならない理由を
並べた。なぜ学校に行けないのか、本人にも分かっていないように見えた。

そして、こうも繰り返した。「そろそろ行かないとやばい」。

これも上村さんがこぼしていたという言葉とそっくりだった。
逮捕された3人は高校を中退するなどしていた。

誤解を恐れずに言えば、3人にも似たような時期があったはずだ。

川崎市教育委員会によると、市内には長期欠席で指導や支援が必要とされる中学生が
157人(2月28日時点)いる。少年のスマホには、心配する担任教師が時々電話
してくるが、この1年は会ったことはないという。

子育ての一義的な責任は親にある。それでも、私は少年の話を聞きながら、献花のために
殺害現場を訪れたシングルマザーの言葉を思い出した。「甘えかもしれませんが、先生も
地域の人も、あと一歩、踏み込んで子供に関わってくれたら助かります」

何度目かの取材で、私は少年に登校するよう勧めてみた。少年はうなずいて、
逆にどうしたら勉強ができるようになるか聞いてきた。

その反応に驚いたが、本をプレゼントすることにした。

坂本龍馬の立志伝「竜馬がゆく」(司馬遼太郎著)、定時制高校のボクシング部員の姿を
描いた「リターンマッチ」(後藤正治著)、元不良少年がさまざまなトラブルを解決する
池袋ウエストゲートパーク」(石田衣良著)。「古本屋に売ってもいいぞ」と
3冊差し出すと、少年は「そんなことしない」と真顔で受け取った。

その後、少年から連絡はない。

上から目線のバカなおせっかいだと思う人もいるかもしれない。

でも、私は笑われてもかまわない。上村さんや少年のような境遇に置かれた子供のために、
あと一歩。そう思ってくれる人が少しでもいれば、それでいい。

広告を非表示にする