読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

桜と雪と

天気予報通り冷え込んでいます。

4月で3℃…なかなかです。


(サクラと雪の撮影を楽しむ人たち=東京都八王子市で)

東京都心を含む各地で雪やみぞれが降る真冬並みの寒さとなり、
気象庁によると、4月に都心で雪が降ったのは2010年以来5年ぶり。

銚子地方気象台によると、千葉県銚子市内では午前8時ごろ降雪が観測された。
同気象台が雪の統計を取り始めた1888年以降、これまで最も遅かった
1925年4月6日の降雪記録を90年ぶりに更新した。

明日は朝から晴れて気温の12℃まで上がる予報です。

極端な気候が続き、体調管理に悩まされます。


そんな時はこちら、カレーです。


(2015年04月07日 夕食のカレー〜RICOH CX4)

風邪対策です。

体の免疫力などが低下していると欲するそうです。

きちんと体と対話して食事を摂る事は正解です。

五郎さんのように…「今日は何が食べたい?何腹だ?」
これも大正解です。

▼『病原菌やウイルスと戦う「クルクミン」』

体内に侵入してきた病原菌と戦う免疫力のサポーターともいえる存在が、
カレーに含まれる「クルクミン」なのです。

カレーには多くの香辛料が入っていますが、中でもアジアで「ウコン」と呼ばれる
ターメリック」に含まれる「クルクミン」は、免疫力を高め、
肝臓の働きをよくしてくれるだけでなく、血行を促進し、
体内の有害物質を処理するというスグレモノ。

カラダは正直なもので、肝機能をはじめとする体内の免疫機能が弱まると、
本能的に「クルクミン」を欲するようになります。
その結果「カレーが食べたい!」という欲求が高まるのです。

ちなみに、アルコール成分を分解する肝臓は、体内の有害物を処理する
臓器でもあるので、「クルクミン」を摂取することで、免疫力が上がる、
肝臓の働きがよくなる、病原菌やウイルスが体内で暴れにくく(活動しにくく)なる……
といったさまざま効果を期待できます。

ちなみに昨夜のカレーは、前日に食べた残り、2日目のカレーです。

初日は、ほうれん草スープカレーだったのですが、それにさらにほうれん草を追加し、
薄切りの豚ロースをニンニクでグリルし、溶けるチーズを入れて煮込んだものです。

この時期の新じゃがも、最高です。

手前味噌ですが、本当に美味しく仕上がりました!

広告を非表示にする