opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

親子の手紙

今日、東京も桜が開花しました。

確かに暖かい日が続いていましたが、今夜から一気に冷え込みそうです。

ご注意ください。


1本、番組を。

今夜、午前1時50分〜午前2時35分放送のNHK『地方発ドキュメンタリー』です。

・『ずっと言えなかった〜福島 親子の手紙〜』

福島県南相馬市の小学校。原発事故から4年、子どもも親も、事故からの体験・思いを
互いに伝えられずにいる。担任の先生が出した宿題「親子の手紙」。親子の心の変化は。

福島県南相馬市の小学校。6年生の担任・白木次男先生は、事故後に子どもが書く作文に
違和感を抱いてきた。津波で親を失った喪失感、放射能への不安、長引く避難生活…。
つらい体験をしながら、子どもたちは自らの思いにフタをするかのように、よそいきの文章を書いていた。
そして親も、子どもの気持ちを確かめられずに4年を過ごしてきた。

卒業にむけ、先生が出した宿題「親子の手紙」。親子は、互いの気持ちを手紙につづる。

ーーーーーーー

忘れないように録画の準備を済ませました。

NHKスペシャルと違い、再放送が少ない枠です。


ご存知の通り、震災から4年です。

3月11日を過ぎると途端に…震災関連の情報が減る事を年々強く感じます。

広告を非表示にする