読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

相次ぐ死亡事故と大間原発

メモしておきます。


▼『福島第二でも作業員事故1人死亡』
NHK 1月20日 13時49分

20日午前、東京電力福島第二原子力発電所で作業員の男性が機具に頭を挟まれ、
病院に運ばれましたが死亡しました。

福島第一原子力発電所でも19日に作業員の男性がタンクの天井から転落し、
その後死亡する事故が起きていて、安全対策が課題になっています。

福島県富岡町と楢葉町にまたがる福島第二原発で、20日午前9時40分ごろ
40代の作業員の男性が機具に頭を挟まれました。

男性は、ドクターヘリで福島県いわき市内の病院に搬送されましたが、
その後死亡しました。

男性は廃棄物を処理する建物の5階で点検作業をしていたということで、
東京電力で詳しい状況を調べています。

福島第一原発でも19日午前9時ごろ雨水をためるタンクの点検作業を行っていた
作業員の男性が高さおよそ10メートルのタンクの天井から転落し、
20日未明になって死亡しました。

福島第一原発では現在、1日およそ7000人と作業員を増やして廃炉に向けた
作業などを進めていますが、去年3月にも崩れてきた土砂の下敷きになって
作業員が死亡したほか、11月にはタンクの増設工事中に鋼材が落下して3人が
重軽傷を負うなど作業事故が相次ぎ、安全対策が課題になっています。

東京電力は「事故の原因を詳細に調査して2度とこのような悲劇を
起こさないよう再発防止に努めます」と話しています。

ーーーーーーー

どんな現場でも事故はあると思いますが、やはりここは異常です。

補足ですが、

福島第一原発の事故。

双葉署によると、死亡したのは福島県広野町、会社員釣幸雄さん(55)。
死因は多発外傷だった。東電によると、釣さんは協力企業社員。
19日午前9時10分ごろ、雨水をためるタンクの設置作業中、
高さ約10メートルのタンク上部の天板にある穴から内部に落下した。
腰に安全ベルトを装着していたが、使った形跡はないという。

安全ベルト……ですか。


東電が再発防止に努めますとぬかしていますが、口だけでしょうね。

この話は現在進行形という事は忘れずに…。

廃炉が完了するのは、まだまだ先の話です。



大間原発〜空撮)

そんな中、大間原発の建設を進めているこの国は普通ではありません。
「使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを混ぜたMOX燃料を
原子炉のすべてに使う世界で初めての商業用原発
と言っていますが、
原発輸出のプレゼンとしか思えません。

さらに原子力規制委員会は…
電源開発にとって初めての原発なので、規制要求をクリアするにとどまらず、
より高い安全のレベルを実現する姿勢を見せてほしい
」と。


本当に笑えない話です。


おまけに…。

色々とアレですが。


(トリオ ザ キャップス & 犬飼ブラザーズ「かえせ!地球を 2011 」)


もう1つ…。

以前もアップしたアレですが。


(かえせ!太陽を(ゴジラヘドラ メイン・タイトル))


さて、作業に戻ります。

広告を非表示にする