opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

38万人の甲状腺検査

今夜22時から放送です。

NHKスペシャル
『シリーズ東日本大震災 38万人の甲状腺検査
〜被ばくの不安とどう向き合うか〜』

東京電力福島第一原発事故によって広範囲にわたり住民が被ばくするという、
かつて経験したことのない事態に直面している福島県。県は、福島県立医科大学
共同で18歳以下のすべての子ども38万人あまりを対象に甲状腺がんの検査を行っている。
ところが今、その検査を担う医療機関の対応をめぐり、住民の間に不信感が高まっている。
検査の過程で当初、住民が必要とする情報が提供されなかったりして、住民の“不安”に
寄り添う姿勢が見られないというのだ。チェルノブイリ原発事故の影響に向き合ってきた
ベラルーシでは、こうした検査を長期的・継続的に行い、早期発見、早期治療につなげている。
福島県で今のような状態が続いていけば、受診する人が減っていく可能性があり、
県立医科大学はこうした事態を受けて、新たな取り組みを始めている。
住民の不安に向き合うには何が必要なのか。

住民側、医療側の様々な取り組みを取材しながら、
福島で起きている事を記録し、考える。

ーーーーーーー

録画しておきます。


他、今日知った記事を…メモしておきます。

東京新聞
津波対策「関わるとクビ」10年 保安院内部で圧力


本当に腐りきっています。

広告を非表示にする