読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

先週末〜お食事処・酒処『ぜん』

気象庁は「東京で昨夜、木枯らし1号が吹いた」と発表しました。
東京の「木枯らし1号」は去年より15日早く、10月に観測されたのは3年ぶりです。

昨日は日中25℃を超え、18時頃から予報通り強めの北風に変わり、
一気に気温が下がりました。

「去年より〜」や「例年より〜」。
それによってその季節に対しての心構えが出来るような気がします。

流石にもう25℃を超える夏日にはならなそうなので扇風機を片付けます。

ちょうどいい気候の秋は…やはり短く感じます。


秋は兎に角お祭りが多いです。

「収穫祭」ですね。

それはそれで良いのですが、先週末も久々に青梅方面へ行こうと、
沢井から御嶽渓谷付近の紅葉を調べていたら、MADE IN TOKYOの日本酒
『澤乃井』で知られる小澤酒造さんを軸にちょっとしたお祭りが開催されていると。

都市部から離れて人混みに行こうとは思わないので断念し、
立川の昭和記念公園でも散策してからと思ったのですが、
そこでも「肉フェス」というお祭りを開催中との事で…。

結果「quadro(クオドロ)」経由で青梅に行く事にしました。


(2014年10月23日 リビングにて〜RICOH CX4)

今期のカタログの中に素敵なメッセージが。

〜ずっと着続けられる服は時間をかけて作られています。

流行りのファストファッションに喧嘩を売るメッセージは流石です。


店舗へ入りいつものスタッフさんに挨拶をしつつ…つつ。

カタログやwebにもアップされていない商品もあり、
相変わらずそのセンスとアイディア、クオリティーに驚かされました。

糸や縫製の仕方など1つ1つの商品をきちんと説明してくれるのも勉強になりますし、
薄利多売のファストファションでは、まず考えられない事でしょう。


夕方、青梅に。

すっかり暗くなってしまいましたが、駅を降りた瞬間の匂い…
やはり懐かしいものですし、その木の香りと言いますか、
空気の綺麗さに改めて感動しました。

当時、都内から遊びに来てくれた友人達が口を揃えて言っていた事が分かりました。

住んでいるとそれが当たり前になり見えなくなる事もあります。

「当たり前」

深く、難しいキーワードです。


到着後…
知り合いの中華屋さん『偕楽』に顔を出し、
名物の餃子を頂き、最終目的の『ぜん』へ。

青梅駅前にある、お食事処・酒処『ぜん』。

居酒屋と言えば…ここです。

青梅に住んでいた8年間、本当にお世話になったお店です。

目と鼻の先に住んでいた事だけではなく、
パンク、ハードコア好きで同年代の板さん+ママさんの人柄もあり。

もちろん板前としてのスキル、センスも抜群です。

この日のお通しは「ブリと里芋の煮物」でしたが、
相変わらずの安定感にやられました。

久々という事もあり、メニューを見つつ迷っていたら軽く盛ってくれました。


(2014年10月25日 『ぜん』にて〜RICOH CX4)

シマアジ、マグロ、イカ。

シマアジ…驚きました。



(2014年10月25日 『ぜん』にて〜RICOH CX4)

こちらはイワシの大葉揚げです。

梅肉をあえて中に入れず、味噌と和えて…。

美味しかったです!


そんなこんなでこのお店では美味しく料理を頂きつつ、勉強になる事も多々。


(2014年10月25日 『ぜん』にて〜RICOH CX4)


手前味噌ですが『ぜん』の名刺デザインをやらせて頂いていますので、
もし青梅に行きお店を訪れた際は、是非お店の名刺などもチェックしてみて下さい。

余談ですが…店内にOPUESTOのステッカーなども貼ってあります…。


ここの料理は、どれを食べても間違いないですしオススメ出来ます。

友人だからと言う訳ではなく、フラットな気持ちで食べてもそう感じます。

もし〆に迷ったら…
焼きおにぎりや、ずりだしうどん…を、オススメします。



(2014年10月25日 『ぜん』にて〜RICOH CX4)

さとしさん、ママさん。

いつも有難うございます。



◯お食事処・酒処『ぜん』
住所:〒198-0083 青梅市本町131-14-2階
電話:0428-22-8549
営業時間:17時くらいから23時くらいかなと
定休日:月曜日

広告を非表示にする