opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

支援活動

広島市の土砂災害。
明日27日で発生から1週間になります。
これまでに60人の死亡が確認され、26人が行方不明になっています。

様々な支援活動がありますが、この記事をメモさせて頂きます。


▼『石巻からおにぎり2万個分支援米』
NHK 8月26日 13時08分

広島市の土砂災害で被災した人たちを支援しようと、東日本大震災被災地、
宮城県石巻市の農家が26日、炊き出し用の米を送りました。

支援に乗り出したのは、石巻市蛇田地区の10軒の農家です。
広島市の土砂災害で、避難所での生活を余儀なくされている人たちに
使ってもらおうと、去年収穫した米を送ることにしました。

26日は、地元の精米所におよそ390キロ分を用意し、米袋に
「元気になってください」と書かれたステッカーを貼って配送業者の
トラックに積み込んでいきました。

蛇田地区は、東日本大震災津波で住宅や田畑が大きな被害を受けましたが、
その際、広島市NPO法人などから衣服や食料の支援を受けたということです。

米農家の1人、黒須一夫さん(62)は「自分たちも支援を受け、
広島の被害を聞き何が出来るかと考えたときに、作っている米なら送られると思った。
米を食べて、頑張って立ち直って欲しい」と話していました。

米は、おにぎりにするとおよそ2万個分で、今週29日ごろに広島に到着し、
広島市NPO法人を通じて炊き出しなどに使ってもらう予定だということです。

ーーーーーーー

うるっと…してしまいました。
本当に素晴らしいです。

またお馴染みの募金の動きも沢山見受けられます。

ですが…が……。

きちんと広島の被災した方々に届くであろう募金先を
自分で選んで判断して下さい。

気持ちは大切ですが、その気持ちを踏みにじる企業やお偉いさんは、
まだ居ると考えた方が無難です。

それは東日本大震災でも露呈した事です。

言い方は悪いかも知れませんが、大切なポイントです。

広告を非表示にする