opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

宮城県丸森町筆甫地区の話

県境というキーワードが、大きな壁となっている問題です。

場所は、宮城県丸森町筆甫地区。


16分の映像です。

時間が無いという方にも…是非観て欲しいです。

観て下さい。



(「福島との格差なぜ?」〜放射能に苦悩する県境の町)


※解説の一部を転載させて頂きます。

福島第1原発から北西に50キロの距離にある宮城県丸森町筆甫地区。
いわき市南相馬­市よりも放射線の数値は高いものの、復興庁が策定した
子ども被災者支援法基本方針案で­「支援対象地域」から外された。
原子力損害賠償紛争審査会の「自主的避難対象地域」か­らも外されている。
 その壁となっているのが「県境」だ。福島県伊達市相馬市に接する筆甫地区は、
飯舘­村から車で10分の距離にある。宮城県福島県をわける道は幅2メートルもない狭い農­道で、
原発さえなければ」と書き残して亡くなった相馬市の酪農家の家にも隣接している。


制作『特定非営利活動法人 アワープラネットTV』
--->http://www.ourplanet-tv.org/

広告を非表示にする