opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

来年 2014年の花粉

台風の爪痕が各地から報告されています。

中でも伊豆大島の被害は尋常じゃないです。

さらに…自治体の対応が指摘されています。

この台風で東京都の大島町は地元の警察署から避難勧告を出したり、
気象庁から厳重に警戒するよう要請されたものの、
住民に対して避難を呼びかけていなかったことが分かりました。
これについて大島町「日頃から危険を感じたら自主避難するよう
呼びかけていたので、特に改めて避難を呼びかけることはしなかった」

と話しています。

ん…疑問が残ります。。。

「日頃から〜」では勧告の意味が無いのでは?と、感じます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

ーーーーーーー

話は飛びますが、来年の花粉飛散予測が発表されました。

▼『花粉情報(2014年春の花粉飛散予測)』
日本気象協会 10月09日


<今春より少なめ ただし、短期集中飛散に注意>

2014年春の花粉の飛散数は、九州から東海地方のほとんどの地域と
北海道は例年並みかやや多く、関東から東北地方は例年より少ないでしょう。

前年(2013年)に比べると、九州から東北地方は少なく、
とくに本州の日本海側と関東甲信地方は非常に少ないでしょう。

※詳細は日本気象協会オフィシャルサイトでご確認ください。



来年は少ない予測だそうです。

ちょっと一安心ですが、マスクは必須ですね。。。
全くコントロール出来ていない例の汚染も…PM2.5も相変わらずですし…。

ご注意ください。

広告を非表示にする