opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

格納容器内の水蒸気

メモしておきます。。。


▼『湯気 格納容器から漏出 福島第一3号機 上部損傷?注入窒素も外へ』
東京新聞 2013年7月27日 朝刊

東京電力福島第一原発3号機の原子炉建屋五階から発生する湯気は、雨水の蒸発だけではなく、
格納容器内の水蒸気が外部に漏れたものである可能性が高いことが分かった。

格納容器には、爆発の危険がある水素を内部から追い出すため、窒素が継続的に注入されている。
東電が窒素の注入量と回収量を調べたところ、
回収量の方が一時間当たり三立方メートル少ないことが分かった。

事故発生当初、格納容器内は長時間、高温高圧にさらされ、
容器上部のふた周辺部が損傷している可能性がある。

窒素注入による勢いに押され、格納容器内にこもる水蒸気が容器外に漏れている可能性が高いという。

格納容器内はおびただしい放射線量とみられるが、容器内から回収した気体に含まれていた水の
放射性セシウム濃度は一ミリリットル当たり九〇ベクレルと意外なほど低い値だった。

東電は当初、建屋五階からしたたり落ちた雨水が、四〇度前後の熱がある格納容器のふたに触れて、
水蒸気になり、冷たい空気によって湯気が発生したと説明していた。

格納容器内からの漏出について、東電の今泉典之原子力・立地本部長代理は
「福島第一からの放射性物質の放出量を継続的に見直しているが、その量に影響していない」と、
放出量は少ないとの見方を示している。

広告を非表示にする