opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

あの湯気…最大で2.17シーベルト

メモしておきます。


▼『3号機で高い放射線量、毎時562mSv 福島第一原発
朝日新聞 2013年7月23日23時36分

東京電力福島第一原発3号機原子炉建屋で湯気のようなものが確認されたのを受け、
東電は23日、湯気がたった付近の放射線量を測定した結果、
毎時562ミリシーベルトだった
と発表した。
原子力規制委員会は線量が高いとして、詳しく調べるよう指示した。

東電はこの日、湯気がたった場所のほかに原子炉建屋5階周辺の24カ所で放射線量を測定。
最小は137ミリで最大は2170ミリだった湯気は今月18日朝にも確認された。

東電は、雨水が原子炉格納容器付近に入り込み、温められて水蒸気になったと説明している。

3号機の5階は爆発事故でもともと放射線量が高く人が近づけない。
クレーンを遠隔で操作し、がれきの撤去作業をしている。

ーーーーーーー

22日は、東電が汚染水の海への流出認めました

選挙が終わった途端、ぼろぼろと出してきますね。。。
タイミングを図ったように。。。

3号機です…。プルサーマルです。

最大で、2170ミリ(2.17シーベルト)です。
ぞっとします。


水蒸気と言われると、あの日を思い出してしまいます。


それでも、関東圏の人達は、普通に生活しています。
この記事を読んでも、きっと大多数の人は普通に生活します。。。

広告を非表示にする