opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

双葉病院の遺族

メモしておきます。


▼『福島 双葉病院の遺族が東電を提訴』
NHK 6月10日 20時34分

原発事故後の避難の混乱のなかで相次いで亡くなった福島県大熊町の双葉病院の
患者など4人の遺族が、東京電力に損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのは、東京電力福島第一原子力発電所からおよそ4キロのところにある、
福島県大熊町の双葉病院の患者と隣接する系列の介護施設の入所者のうち、
避難中や避難後に亡くなった4人の遺族です。

訴えによりますと、4人が死亡したのは原発事故による避難指示が出されたあと、
混乱のなかで必要な医療や介護を受けられないまま病院に取り残されたり、
バスでの長時間の避難を強いられたことが原因だとして、
東京電力に1人当たりおよそ3000万円の損害賠償を求めています。

政府の事故調査・検証委員会などによりますと、当時、双葉病院と介護施設には
避難できなかったおよそ230人が取り残され、避難するまでの間や避難後に体調を崩すなどして、
50人が相次いで亡くなったということです。

弁護団は会見で「訴えを起こしたのは賠償金が目的ではなく、
肉親がどういう状況で命を落としたのか、
裁判を通じて明らかにしたいと考えたためだ」と話しました。

東京電力は「訴訟に関することについては回答を差し控えさせていただく」
というコメントを出しました。

ーーーーーーー

この問題は、事故当初、明らかになった事から
かなり重く考えております。

あまり取り上げられませんので、あえてメモさせて頂きました。

広告を非表示にする