読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

記憶障害

改めて…ですが、先週金曜日の船上イベント、
"JICOO FRIDAY LIVE CRUISE D-Fried Japan Tour"@ JICOO リポートです。


当日は天気予報も外れ、夏日となりました!
みなさんの日頃の行いでしょうか?


(2013年06月07日 浜松町にて〜RICOH CX4)

仙台からは出演者のantennasia、新潟からはjacobが。

二転三転し、私は浜松町駅でINOMATA氏やjacobと15時30分に合流。

19時入りという事もあり、近くのお馴染みの居酒屋で休憩+軽く…。
まだまだ外は明るいですし平日なので多少の罪悪感もある16時に入店。


(2013年06月07日 『かば』浜松町店にて〜RICOH CX4)

フレックスで上がってくれた吉田さんも合流して、一杯やりつつ、つつ。

そして、待ち合わせの日の出桟橋へ。

まだ明るいです。


(2013年06月07日 日の出桟橋へ向う道中〜RICOH CX4)

海が見え、遠くにそれらしき船を発見し、テンションが上がってきました。
「あれ?屋根の上に人が!あれかな???」

すぐに気付いたのですが、それは同じ会社が保有すつ別の船でした。。。


その後、5年振りにD-Friedや、出演者、スタッフと合流し定刻通り船へ乗り込みました。


(2013年06月07日 JICOO船内〜RICOH CX4)

船内は確かにオシャレですし景色も最高ですが、想像より狭い印象を受けました。

時間もないので、LIVEチームがセッティングしている間に、サウンドチェックを…。


(2013年06月07日 JICOO船内 D-Friedセッティング中〜RICOH CX4)

スピーカの位置などが独特で、あまり音も出せないと分かり、
予め想定していた事をゼロにして、振り出しに。。。良くある話です。
なので、完全に仕込む事はしません。キケンですし、自分よがりになってしまいますので。
自慰行為DJは、あれですし(苦笑)。

取りあえず、jacobと一服。


(2013年06月07日 JICOO船内〜RICOH CX4)

船という事もあり、ナイスチョイスです、、このスニーカーは!
流石です。


19時45分。
予定通り、イベントスタートと同時にお客さんも乗船!

改めて考えても面白いシステムと言いますか、、船だな〜と。
ある程度乗り込むと出航となり、さらにテンションもあがります。

東京方面に出てきて、20年以上経ちますが、これは初めての経験でした。

WATARU SAKURABAからAutoへの流れは、この空間と景色にハマっていました。

しかしそれを聴いて、自分の今日の選曲とスタイルが見えて来ました。


21時少し前、antennasiaのLIVEスタートです。


(2013年06月07日 antennasia LIVE〜RICOH CX4)

ヴォーカルのsanの衣装が空間と照明に映え、nerveのdopeなサウンドが広がっていました。


(2013年06月07日 antennasia LIVE〜RICOH CX4)

LIVE中に自分の準備も済ませ、船内には見慣れた顔ぶれが揃ってきました!
初めて私のplayを観る、shinyaさん、kzu、としおさんも!
さらに…その中になんと、、、ホトリニテの宿主なおきくんの姿が(苦笑)。
本気で驚きました。山梨からわざわざ…サプライズというやつでした。
しかも、素敵な彼女を連れて。

お陰さまで否応無しに追い込まれつつ、やる気もアップしました。


そして、21時30分、さて…NUEの飛翔です。

antennasiaの最後の楽曲のテイストを引き継ぎつつ、アンビエントでスタートさせ、
その日にGETした、B.O.Cの新作から1曲、そしてまたアンビエントへ…。


(2013年06月07日 NUE〜photo by なおきくん)

WARの"LOW RIDER"という最高の変化球でshinyaさんをあおり、ラテン・ミュージックへ。

そんな選曲は本当に久々だったので自分のテンションがmaxになり、
アドレナリンの海に溺れはじめました。。。

溺れる事、数十分。。。

フロアーで盛り上げてくれたお客さんのお陰で、あっと言う間に終了。。。

メインゲストのD-Fried LIVEへ。


終わってみれば、自分がどの曲をplayしたのかも曖昧な程、興奮してしまい、
プチ記憶障害に。。。

久々と言いますか、ここまで飛んでしまったのは初めてかも知れません。

もちろん、多少のお酒も入っていましたが、それが原因ではなく。。。
(当たり前ですが、不良なものは入れていないので、ご安心くださいませ。)

兎に角、そこに居る人、遊びに来てくれたお客さんを楽しませようと必死でした。
結果、自分も最高に楽しかったです。


スタッフ、出演者、手伝ってくれた方、遊びにきてくれた方々、
本当に有り難うございました!!

お祭りDJになってしまいましたが、お許しくださいませ。
あれはあれで、スペシャルverと前向きに考て頂ければ幸いです。
いつもは、も〜う少し真面目にCOOLにplayしておりますので、
また是非遊びにきて下さい!


せかっくの船+夜景が綺麗でしたが、あまり上手に撮れた写真が無く。。。

雰囲気でも伝わればと、、最後に1枚。


(2013年06月07日 JICOOからの夜景〜RICOH CX4)


そんな柄にもないアーバンな経験でした。


※Blogで使用しなかった写真は、こちらでご覧になれます。
まあまあな写真ばかりで申し訳ないのですが。。。
この日は自分のDJ playに集中しておりましたのでご了承ください。

広告を非表示にする