opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

最低の行為

今日も心地よい貴重な晴天です。

大掃除の前に洗濯しつつ、スープカレーを仕込みつつ。

昨日、ちょっと面白い出来事があったのですが、
その前に、こんな記事を見つけました。。。

メモしておきます。


▼『駅員への暴力 目立つ中高年層』
NHK 5月26日 12時52分

鉄道の駅員などが、乗客から暴力をふるわれるトラブルは、
昨年度、全国の大手私鉄で231件と5年連続で200件を超え、
40代以上の年齢が比較的高い乗客の暴力が目立つ傾向となっています。

日本民営鉄道協会のまとめによりますと、全国16の大手私鉄で、
駅員などが乗客から暴力をふるわれたトラブルは、
昨年度、合わせて231件に上りました。

これは協会が統計を取り始めて以降2番目に多く、
5年連続で200件を超えました。

このうち半数以上が、午後10時以降に暴力をふるわれていて、
乗客の77%は酒に酔った状態だったということです。

中には、かなり酔った乗客が、残額が足りないカードで強引に
改札機を通過しようとし、対応した駅員に突然、殴りかかって
駅員がけがをしたケースもあったということです。

年齢別では、
▽60代以上が19%、▽40代と50代がそれぞれ17%で、
比較的高い世代の乗客の暴力が目立つ傾向となっています。

協会は「ストレスを抱えた人が深酒をし、トラブルを起こすケースが目立っている」と
話しています。一方、JR各社によりますと、昨年度、JRの駅員などが
暴力をふるわれたトラブルは、少なくとも550件起きているということで、
JRでも依然高い水準にあるということです。

ーーーーーーー

逆に言えば酔っていないとそういう行為は出来ないのでしょう。

お客同士の喧嘩もあれですが、駅員さん…。
ある意味、抵抗出来ない人に暴力を振るう事は本当に最低です。

どんな理由があっても許されません。

「いい歳して…」と若い人達に言われてしまいますよ。


ストレスを上手に発散するのも仕事です。

広告を非表示にする