opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

曖昧な記事

先程、この記事を読んでいました。


▼『子どもの内部被ばく「ゼロ」 研究チーム、住民ら3万人調査』
東京新聞 2013年4月11日 00時00分

東京大などの研究チームは10日、東京電力福島第1原発事故を受け、
福島県の住民や県外に避難した住民ら約3万3千人の内部被ばくを調べた結果、
2012年3月以降は体内から放射性セシウムが検出された人の割合は全体の1%程度で、
同5月以降では15歳以下の子ども約1万人からは1人も検出されなかったと発表した。

チームの早野龍五東大教授は「チェルノブイリ原発事故と比べ、福島県では
慢性的な内部被ばくが非常に低いことが示された。市場での食品検査が有効に働いているのでは」
としている。

ーーーーーーー

「本当に?」と。

そこで、INOMATA氏に相談したところ的確な答えが。

記事、自分も見ましたが、セシウムしか測ってないのと、どのぐらいの精度なのか、
どこの地区の人々を測ったのか。不明点が多すぎて、なんとも。
嘘はついてないけど、出してない情報がある、てな所でしょうか。


同感です。

他に沢山の放射性物質が放出されているのは事実です。


この手の記事を否定しませんが、これを読んで、
「な〜んだ。もう安心だ!」と思うのは、とても危険です!

ご注意ください!

広告を非表示にする