読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

桜の森 夜の森 × uneclef パンと桜と写真展

感慨深く、そして素敵な写真展です。

7日までですが、是非チェックしてみて下さい。

▼『無人の福島・避難区域の桜写す 世田谷で写真展』
東京新聞 2013年4月3日 10時09分

人も車もいない静かな町で、咲き誇る。満開の桜は写真の中で、永遠に散らない。

故郷への思いも消えることはない。東日本大震災に伴う原発事故の影響で全町民が避難した
福島県富岡町の桜を昨年撮影した写真の展示会が七日まで、東京都世田谷区松原六のパン店
「uneclef(ユヌクレ)」で開かれている。(小形佳奈)

九枚のパネルとアルバムを展示。いずれも昨年四月に富岡町北部の
「夜(よ)の森」地区で撮影された。この地区は道路沿いを中心に千五百本の桜が植えられ、
震災前は多くの花見客でにぎわった。現在は帰宅困難、居住制限区域になっており、
立ち入りが制限されている。

もう一度、夜の森の桜が見たい」。

隣接するいわき市で地域活性化に取り組む「MUSUBU」代表宮本英実さん(28)は、
避難中の親戚にこう言われ、撮影を決意する。いわき市出身のカメラマン白井亮さん(33)と
昨年四月二十五日に立ち入り許可を取り、撮影した。

「満開の桜並木のどこを見ても人がおらず、自分だけ取り残された気がした」と宮本さん。
白井さんは「桜を見た人が自然に目に入る高さ、視野で撮ることを意識した」と振り返る。

これまでに富岡町から避難した人向けの仮設住宅があるいわき市郡山市や、
宇都宮市で展示してきた。写真の中に自宅を探す人や、桜談義で盛り上がる人々が印象的だったという。
宮本さんは「夜の森に暮らした人々の生活を感じ取ってほしい」と話す。

問い合わせはユヌクレ=電話03(6379)2777=へ。

広告を非表示にする