opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

被ばくの現実

3月です。

今日は強風、春一番だそうです。
ベランダのビーチサンダルが飛ばされ、勝手に天気占いをしていました。

「裏」という事は雨になりそうです。


そんな事は、どうでも良いのですが、また亡くなってしまったそうです。

メモさせて頂きます。


▼『福島第一原発の男性作業員 体調不良で死亡』
NHK 3月1日 0時24分

東京電力福島第一原子力発電所の復旧作業に当たっていた50代の男性作業員が、
体調不良を訴えて病院に運ばれ、27日夜、死亡しました。
東京電力「診断書を確認していないため、男性の死因は公表できない」としています。

東京電力によりますと、今月25日の午前9時すぎ、福島第一原発3号機の原子炉建屋で、
カバーを設置する準備作業を行っていた50代の男性作業員が、
福島県広野町にある会社の資材置き場で体調不良を訴えて一時心肺停止状態となり、
いわき市の病院に運ばれました。

その後、27日午後11時半すぎに、男性が亡くなったと会社から
東京電力に連絡があったということです。
この男性は、おととし6月から福島第一原発の復旧作業に当たっていて、
これまでの被ばく量は、作業員の通常時の年間限度となっている50ミリシーベルトより低い、
25ミリシーベルト余りだということです。
東京電力は、「診断書を確認していないため、男性の死因は公表できない」としています。

福島第一原発では事故のあと、これまでに男性作業員5人が心筋梗塞などで亡くなっています

ーーーーーーー

ここであまり詳しい事は書けないのですが、
この手の報道は氷山とまでは言いませんが一角です。

原発作業員が、事故後「5人か心筋梗塞などで亡くなっています」と書いてあります。

それは作業中、、、というキーワードが含まれています。

それ以外で体調を崩したり亡くなった方々の詳細はなかなか明らかにしません。
「被ばくとは無関係です」と片付けられてしまうのです。

また突然死も増えているとの事です。

残念ですが、これが現実です。



また、玄玄の藤渕さんのリツイートで昨日知った、
武井さんという方のツイートを紹介させて頂きます。

<武井桂子さんのprofile>
1971年広島生まれ。
3人の子持ち。生粋の被爆2世。市内でデイサービスやってます。
広島市中区 · http://ameblo.jp/enomachi/

広島の原爆は一瞬で上空で爆発。
その下にいた父母から生まれた私含め
兄弟3人全員に甲状腺異常あり、
一生服薬コントロールは必須。
事故で地上に放射能出し続けてるとこがある。

日本中もうどこに居たって
食べ物は多かれ少なかれセシウム汚染ある。

人ごとじゃない、
いつかは子供孫達に出るんだよ。

〜武井@enomachichan〜Twitterより


ーーーーーーー

もちろん、これも現実です。


武井さん。
転載の承諾、感謝致します。
有り難うございました。

広告を非表示にする