読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

映画『BUNGO〜ささやかな欲望〜』公開直前イベントへ


(2012年09月25日 デスクにて〜RICOH CX4)

昨日、映画『BUNGO〜ささやかな欲望〜』公開直前イベントへ行ってきました。
場所は、丸の内です。

あまり行き慣れていないエリアなので地図を片手に。

以前何度か行った事がありましたが、異常なまでの様変わりと夜マジック。。。
日没後のオフィス街、、、ビル群に慣れていない人間にとってはまさに迷路です。
どれも同じビルに見えました。

地図好きな私がプチ迷子になり、通行人に道を訪ねても無視されたり、
「いや〜知らないです」と。知らない訳がない程のビル(書店)なのですが、
丸の内の方々は、、とほほな感じでした。
さらに雨も降りはじめ、最悪な状態で彷徨っている中で、真逆に歩いている事に気付き急ぎました。

なんとか開演前に間に合い整理券をもらって会場へ。

「セミナールーム」というだけあり、そこまで大きくない部屋にイスが並べてありました。

定員100名も納得です。

まだ人も少なく、前から3列目に座れ、ステージからの距離は3メートル弱。
人の喋り方や雰囲気をスキャニングするには、なかなかの好位置です。

まずは、この日のMC、コトブキツカサさんという方が、
「はいっ!どうも〜で〜す!」と芸人さんばりに登場し会場を暖めていました。

後で知ったのですが、この方は、芸人さんでした。。。

この手のイベントは、もちろんカメラ撮影など禁止なので、撮れていませんが、
プロの方々の写真がネットにアップされていましたので、それを。。。


(2012年09月24日 イベント会場にて〜波瑠さん)

その後、ゲストの波瑠さんと、谷口正晃監督が登場しました。

まず、波瑠さんを見た印象は、もちろんプロの方なので細いのは当たり前ですが、
全く雑味の無いヴァイブスが、とても自然体で驚きました。

その反面、谷口監督からは、ハーコーなヴァイブスが。。。
少し緊張されていたのかなとも思いましたが。

映画の内容はもちろん、撮影秘話やお互い初めて会った時の印象などなど、
コトブキツカサさんのスキルもあり、終始楽しい雰囲気でした。

中でも印象に残ったのは、コトブキツカサさんの得意技らしい、映画心理分析。
パッと思いついた好きな映画を3本上げてもらい、その人を心理分析するという、、。
興味深かったです。

大学時代に心理学を学び、根っからの映画好きでもあるコトブキツカサさんの心理分析によると
1番目に選んだ作品は、『自分がどう見られたいか』
2番目に選んだ作品は、『自分の根底にあるもの』
3番目に選んだ作品は、『バランスをとる』とのことです。

波瑠さんが選んだ好きな映画3本は
・「エターナル・サンシャイン

・「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」

・「ライアーライアー」
この3本の心理分析結果は、
「恋愛をひきずらない」「自分を理解して欲しい願望が強い」「女優気質」。

診断結果を聞いた波瑠さんは
「こわい!!でも当たってるかも…」と驚きを隠せない様子。

谷口監督が選んだ好きな映画3本は
・「真夜中のカーボーイ
・「流れる」
・「晩春」
この3本の心理分析結果は、
「長いものには巻かれたくないタイプ」「自信がある」「ややマザコン気質」。

診断結果を聞いた谷口監督は
“マザコン気質”という結果に「そうかなあ」と苦笑いし会場を盛り上げていました。

まるで取材したような書き方ですが、CINEMA TOPICS ONLINEさんの記事を引用させて頂きました。

約1時間ちょっとですが、コトブキツカサさんや谷口監督の雰囲気に気を取られ過ぎて、
肝心な波瑠さんをあまり見ていない事に気付いた時にはイベントが終わっていました。

そんなものです。

帰りに、皇居付近の和田倉濠付近から1枚。


(2012年09月24日 和田倉濠付近から〜RICOH CX4)

広告を非表示にする