opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

勝俣 あす退任

いよいよ、明日です。

腐りきった、おっさんが、逃げ切ります。



(国会事故調で「津波は想定外」と繰り返す東電の勝俣会長)

▼『東電・勝俣会長、あすの株主総会で退任 事故後福島入りゼロ』
河北新報 2012年06月26日火曜日

東京電力勝俣恒久会長(72)が福島第1原発事故後、一度も福島県に入らないまま
27日の株主総会で退任する
。社長時代は原発再稼働の地元同意を取り付けるため、
何度も福島県庁や原発立地地域を訪れた。「地域との共生」を強調しながら、
事故後は一転して現地入りしない態度は、
避難生活や風評被害で苦労する福島県民にどう映るのだろうか。

勝俣氏が事故後、記者会見に応じたのは昨年の3、4月の2回だけだ。
東電は、勝俣氏が表に出ない理由を「多忙」と説明してきた。

数少ない公の場の発言で「逃げの姿勢」が追及されたことがあった。

福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会で「津波は想定外だった」と強調。
「業務執行の責任は社長、現場対応の権限は発電所長にある」と述べた。

委員の一人で福島県大熊町商工会会長の蜂須賀礼子さんが「勝俣さんは『僕には関係ない、責任がない』と
言うばかりだ。どうして僕が責任者ですと言えないのか。どこの会社の会長なのか」と詰め寄った。
勝俣氏は「権限的な問題を申し上げた」と受け流した。

勝俣氏はかつて、積極的に福島県に入り、地元との信頼関係を重視する姿勢を強調した。
2002年10月15日、原発検査データの改ざんによる経営陣の引責辞任で社長に就くと、
翌日には福島県庁と双葉郡原発立地町を訪問。「皆さんの信頼を裏切って申し訳ない」と謝罪した。

改ざんの影響で県内の原発10基が全て停止した後は、再稼働の地ならしで頻繁に福島にやって来た。
第1原発1号機の再稼働を前にした04年11月には、福島県富岡町で不祥事を総括。
情報公開の徹底や企業倫理の順守などを誓い、「地元の信頼を取り戻すよう全社挙げて取り組む」と誓った。

福島県を訪れない理由について、勝俣氏は広報部を通じて「経営問題に対応せざるを得ず、
結果として伺う機会を失った。大変申し訳ない。退任後も1人のOBとして、
福島の事故対応に力を尽くしたい」と回答した。

ーーーーーーー

この人の言葉は、本当に信用出来ません!
ここまで信用出来ないのは、この人と枝野、、でしょうか?
まさに、、最高レベル(7)です。

清水元社長の退任の時にも、その退職金の金額に注目が集まりましたが、
さて、今回は、おいくらなのでしょうか?
5億超えは確実なのでしょうね。。。

ふざけるのも、いい加減にして下さい。

広告を非表示にする