opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

安冨歩氏の言葉

昨日の渋谷ダメージが緩和されないまま朝をむかえました。

ただ一つの救いは、7日に紹介させて頂いた安冨歩氏著の
原発危機と「東大話法」傍観者の論理・欺瞞の言語』でした。

本文に入る前の『はじめに』で、ぐいぐい引き込まれました。
イントロで、ここまでワクワクした本は久々です!

チェルノブイリ原発事故
京都議定書
原子力安全欺瞞(ぎまん)言語
・想定内の想定外
・一般の人の行動
・「魂の植民地化」
満州国の歴史
・暴走と均衡
マルクスの労働価値説や搾取の理論
・再生産の理論と人間疎外の理論
非線形科学
・対流と集団行動
・言語の限界と論理哲学論考
・合理的な神秘主義
・教育やしつけからの虐待
・東大話法

ざっくり書き出してみました。
イントロの十数ページの中に、これだけ気になる言葉がありました。

最近自分で考えていたキーワードとシンクロするものもあり、
さらに先に進む事が楽しみです。

大きな地震が来ない限り、今日は少しPCから離れて
別の作業に集中したいと思います。

広告を非表示にする