opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

川崎市 給食のミカンからセシウム

連続ですが、今度は、ミカンです。。。
ただ、産地偽装ではなく、以前から指摘しています、
自治体の傲慢っぷりが原因の話です。

メモしておきます。

▼『セシウム検出ミカン給食に 検査結果の周知不徹底』
東京新聞 2012年4月17日 11時18分

川崎市立小学校の給食食材精密検査でミカンから放射性セシウムが検出された問題で、
幸、多摩、麻生の三区の小学校で十六日、初めてこのミカンを使った献立が給食に出された。
市教委は同検査結果を保護者に伝えることを学校側に求めていたが、
複数の保護者が「まったく知らされていない」と話すなど徹底されていないことが分かった。
教員でさえ知らないケースもあり、一部保護者から怒りの声が出ている。 

給食でミカンが使われたのは、「入学・進級祝い」のフルーツポンチ。
事前に学校に相談する保護者もいて、自宅から代替品を持参し、食べなかった児童もいたという。
ある学校関係者は「『特別な子』と見られることがないよう配慮した」と語った。
市教委も「食べ残しても、子どもたち同士で誤解が生じないよう、
教員も普通に接してほしい」と各校に呼び掛けている。

市教委では、各校の校長に対し、「市のホームページで公表していることを、
ネットを見ない人のためにもお便りなどを使って保護者に連絡を」と求めるなど、セシウム検出の事実を関係者に伝えるよう依頼していた。

ところが、東京新聞で調べたところ、複数の学校の保護者が「まったく学校から知らされていない」と
驚いていた。中には、「保護者懇談会でミカンの話をお願いしようとしたら、
先生さえ検出されたことを知らなかった。ショックを受けた」との声も。

検査では、フルーツポンチに使われた県産ミカンの缶詰からは、放射性セシウムが一キロ当たり
三・八ベクレル。幸、多摩、麻生の三区で十七日出される予定の県産冷凍ミカンからは
同九・一ベクレルが検出された。川崎、中原両区では缶詰が十八日、冷凍が十九日。
高津、宮前両区では缶詰が十九日、冷凍が今月下旬に給食に出される予定だ。

市内の低学年児の父親(38)は「セシウム検出のミカンを給食で出す必要はない。
何のための検査か。出されたら、持ち帰らせ、親が食べる。
万一を考えて将来ある子どもたちには食べさせない決断が必要だ」と話していた。
ーーーーーーー

川崎市のサイト内にデータがありました。

川崎市の学校給食>
更新日 平成24年4月11日
★お知らせ★
川崎市では、小学校113校・養護学校2校・ろう学校1校の
計116校で学校給食を実施しております。学校の規模や立地
条件等により学校間の格差が生じないよう、全市統一の献立と
なっております。栄養教諭学校栄養職員が、文部科学省の設定
した学校給食摂取基準を目安に、栄養バランスのとれたおいしい
献立を作成しております。なお、統一献立に使用する食材につきましては、
財団法人川崎市学校給食会が同一食材を基本として購入し、各学校へ供給しています。

またまたお得意の『市のホームページで公表している〜』という点からの
伝達ミスとでも言いましょうか、、、。呆れます。

おまけに「財団法人川崎市学校給食会」のサイトもチェックしましたが、
笑える程ざっくりとした内容でした。

どうしても、横浜市川崎市は、、、放射能汚染問題の意識レベルが低く感じられます。

学校給食環境にお子さんがいる方々は、
ご自身で、市町村のサイトなどを調べる癖をつけておいて下さい。

今後、まだまだどんどん出てくると思いますので!
自己防衛が、必須です。
ーーーーーーー

追加ですが、
参考までに、神奈川県のみかん園、みかん栽培一覧表が下記でチェック出来ます。

なびかな 神奈川県 みかん園 みかん栽培

もちろん、ここに出ている会社に問題がある訳ではないと思いますので、
あくまでも参考までに、、と。誤解をしないように注意して下さい。

また、他県のミカンの放射能検査データは、こちらでチェック出来ます。

広告を非表示にする