opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

環境活動家のウソ八百

本の紹介が続きますが、この一連の流れで、一冊ご紹介致します。

2008年の『環境活動家のウソ八百』です。


(『環境活動家のウソ八百』 
リッカルド カショーリ(著)、アントニオ ガスパリ(著)、草皆 伸子(翻訳)洋泉社 新書 271ページ 価格798円)

バチカンの大学教授アントニオ・ガスパリ氏も参加しているので、やや片寄りはありますが、
ひとつの意見としては、ありかなと思い、その当時何度も読み返していました。

人口増加や優生学環境保護運動とくにグリーンピースや、WWFとの関係などは、
やはり海外目線と、日本人とは違う視点を教えてくれます。
地球温暖化の問題はもちろん、ほかに遺伝子組み換えなどなど。
環境問題を広く考えるには、参考になる一冊だと思います。

補足ですが、最近では、「武田邦彦氏推薦!」と打ち出しているそうです(苦笑)。

ーーーーーーー

昨日、近所の書店で、小出氏の本などをチェックして来ました。
とても分かりやすく、良さそうな内容でしたが、荻上チキさんが紹介していた
『貧乏人の経済学 もういちど貧困問題を根っこから考える』は無かったです。
また違う書店でチェックしてきます。

ただ、ぷらぷらとチェックしている間に気になる本を発見しました。

講談社から1月に出版されました、
『地名に隠された「東京津波」谷川 彰英(著)』です。

津波に関しては、若干こじつけかな〜と思いましたが、
地名や地図好きな私にはたまらない内容でした!

広告を非表示にする