opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

防衛機制

昨日の夜は、さらに精神的にハードでした。

その結果、心理学用語で言う『防衛機制』に陥ったようです。

吐き気と目眩が酷かったです。。。


その原因は、まず、ちょっと外出していた
20時くらいに流れた、神奈川県のエリアメール誤報でした。

私は携帯電話を持っていないのですが、彼女の携帯にそのメールが入ってきました。

揺れを全く感じていない中での津波警報『直ちに高台や避難ビルなどへ避難し、
警報が解除されるまで安全な場所から離れないようにしてください』は、誰でも驚きます。
気にしていない人には無関係だと思いますが。

その原因は、神奈川県が今月15日からこのシステムの運用を始める前に、
試験用に使った電文が削除されずに県のコンピューターに残され、
これが誤って配信された事、、だそうです。削除しておけ!!って話です。

そして、その後知ったのは、岩手県沖でのM6.4の地震とその後の相次ぐ余震
東通や六ヶ所村、女川、福島第一と調べようと思った時、
『二号機 格納容器内73シーベルト(7万3000ミリシーベルト)』と。

「73、、、シーベルト?」と、目を疑いたくなりました。
数分で死ぬ値ですが、正直ここまで行くと想像が出来なくなります。

日中からの疲れの影響か、この"73シーベルト"というキーワードで、
吐き気がし作業の継続出来なくなりました。。。


あるサイトから転載させて頂きます。

「防衛機制」とは、自分自身の心を、さまざまな方法で守ることです。
たとえば、急に危機的な状況に陥ったとき、誰でも考えがまとまりにくくなったり、
何も手に着かなくなったりします。
もちろん、自分の能力や他人の援助で、なんとか踏ん張って、
危機的状況を乗り越えられれば問題ないのですが、いつもうまくいくとは限りません。
そんなときに、心が分裂したり、崩壊したりすることを防ぐ心のメカニズムが、「防衛機制」です。

ーーーーーーー

今日は、親父の命日という事もあり、考える事が多く、
まだ、吐き気と目眩が、、、。

少し休憩します。


他力本願ですが、この『二号機 格納容器内73シーベルト(7万3000ミリシーベルト)』に関しては、
ざまあみやがれい!」をご覧頂くのがベストだと思います。

補足として、RBB TODAYもオススメ致します。

広告を非表示にする