opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

放射能以外の汚染問題と現状

新潟関連の更新が続き、他、大切なトピックに触れる事が出来ないので、
少し触れさせて頂きます。

さくさくっと、イベント当日、翌日の3月11日の事をまとめる事が出来ず苦戦してしまっています。
原因は分からないのですが、、何故か、、。
なので、一度、通常のスタンスに戻し、また考える事にしました。

今日中には、新潟のトッピックをまとめますので、もう少しお待ち下さい。

ーーーーーーー

3月8日の記事ですが、光化学スモッグに関してです。

▼『光化学スモッグ原因物質 全国で基準超』
NHK (3月8日 4時32分)

健康に影響を与える光化学スモッグの原因となる、「光化学オキシダント」という
大気中の有害物質が、昨年度、全国のすべての測定地点で環境基準を超えたことが分かり
環境省は、原因となる物質が中国大陸から拡散していないか監視を強化するとともに、
詳しい発生源などの研究を進める方針です。

「昨年度〜」と書いてありますし、データがまとまってからの報告なのでしょうが、
去年、「光化学スモッグに注意して下さい!」というニュース記事は、
ほぼ毎日チェックしている私でさえ観た記憶がありません。
この手の話に詳しい人が、この記事を読めば分かると思うのですが、
「環境基準値」というのが、まず分かりません。数値や単位を書いて欲しいものです。
そこで、少し調べてみました。

環境省が発表している環境基準値は、『1時間値が0.06ppm以下であること』です。
但し各都道府県で値が異なってきますので、お住まいの自治体のサイトをチェックして下さい。

環境省のサイト内に『環境省大気汚染物質広域監視システム』というページがあります。


そのページのバナーに居る、そらめま君というキャラクターです。
『そらまめ君は、空をマメに監視します。』だそうです。。。

光化学オキシダントが高濃度となり、光化学スモッグが発生した場合には、
目や呼吸器などの粘膜を刺激して、健康被害が発生することがあります。
また、植物の葉が枯れるなどの影響がでることもあります。

葉っぱが枯れる、、程です。

ベトナム戦争を、、思い出してしまいました。

枯れ葉剤まではいきませんが、光化学オキシダントも甘く考えないで下さい。
様々なアレルギーの原因になっているとも考えられます。


私は、今年で40歳ですが、小中学生の頃は頻繁に「光化学スモッグ注意報」と耳にし、
外での運動をひかえるようにと言われて育ちました。

国内の工場の排気などは改善されつつありますが、お隣中国はどうでしょうか?

この手の中国方面からの汚染問題も忘れてはいけません。
以前から指摘しています、黄砂も同様です。

放射能汚染、光化学オキシダント、黄砂に花粉と、
様々な事に注意して生活をしていかないとダメだと考えると気が狂ってしまいますが、
やはり当分の間、マスクは必須です。

注意して過ごして下さいね。

お偉いさん達のスタンスは、その時に警告するのではなく、
ほとんどが事後報告、データがまとまり次第の報告です。
それでは意味がありません!

原発事故のスタンスと同じです。

ーーーーーーー

補足ですが、こうした問題に触れると、
「神経質過ぎだ!」「過剰だ!」という意見もあると思います。

私には子どもも居ませんし、彼女が妊娠している訳でもありません。
タバコも吸いますし、お酒も呑みます。
但し、マックやコンビニのお弁当は、食べませんが。。。

私個人は、正直どうでも良いのです。極論に聞こえるかも知れませんが。。。
原発事故前から、特に食べる

広告を非表示にする