opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

災害グリーフサポートプロジェクト(JDGS)

昨日の『ぶり返す悲しみ』の中で取り上げられていました、
災害グリーフサポートプロジェクト(JDGSを改めてご紹介致します。

以下、転載させて頂きます。

〜震災1年を迎えるにあたって〜

多くの皆様にとって忘れられない日、3月11日が近づいてまいりました。
特に、大切な人を失った方にとって、その日が近づくことは大きな苦痛を伴うものです。
「記念日反応」という言葉があるように、震災の日やその前後になると、
まるでその時に戻ったかのように、さまざまな思いがよみがえってくる可能性があります。
メディアの報道などによっても当時のことが再現され、心の奥底にしまっていた辛い記憶の
フタがあいてしまうこともあるかもしれません。しかし多くの場合、その時期が過ぎると、
少しずつ心がまた落ち着いていくことが知られています。

この時期に、今までより一層苦痛を感じられるのは無理もないことですので、
せめても心の準備をされることで、少しでも苦痛がやわらぐと思われます。
震災の日の前後には、安心できる人と過ごしたり、気持ちを話したりすることが役に立つかもしれません。
また、その場所から離れて過ごしたり、何か別のことで気持ちがまぎれるようにすることも、
対処方法の一つです。周囲の方々もこれらのことを理解して、
一緒に過ごしたり、接してさしあげてくださるよう、お願い致します。
ーーーーーーー

心あっての身体だと思いますし、ケアは大切です。

是非、参考にしてみて下さい。

リンク集にも追加させて頂きます。

広告を非表示にする