opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

子ども達が作った一冊

先日紹介させて頂いた写真集『3.11 キヲクのキロク』に続き
また震災関連の写真集を紹介致します。

今回のこの『3/11 Kids Photo Journal』は、
子ども達がカメラマンとなり撮影されたものです。

参加小中学生の内訳は、岩手県16人(大槌町宮古市陸前高田市釜石市から)、
宮城県7人(気仙沼市石巻市仙台市名取市から)、
福島県10人(南相馬市いわき市会津若松市伊達市、避難先の広島県福山市から)となっています。

ナイスなコンセプトです!

しかも120ページで1000円です。是非チェックして下さい!


(単行本(ソフトカバー):120ページ 発売日:2012/2/23  商品の寸法:14.8x14.8x2cm 価格:1000円)

キッズフォトジャーナルとは?
「3 / 11 Kids Photo Journal」は東日本大震災被災した子どもたちが写真と文章を使い、
3 / 11のその後を世界に向けて定期的に発信するプロジェクトです。
岩手・宮城・福島の3県の子どもたちが、プロの写真家のサポートのもと、写真を撮影し、言葉を綴ります。
プロジェクトの代表である後藤由美は、2004年末のスマトラ沖大地震インド洋大津波
被災したインドネシアアチェでも、同様のプロジェクトに取り組みました。その経験を活かし、
新聞やテレビの報道とは違った被災地のその後の歩みを、
子どもたちとともに時間をかけて伝えていく予定です。

ーーーーーーー

今日は雨ですが、準備をして銀座へ出て、例の写真展をチェックしてきます。

広告を非表示にする