opuesto / Tate’s Official Blog

I have the right to know the truth and i must protect the children's future.

子ども達の病

昨日、たまたま『特命報道記者X2011』という特番を見ました。
その中のでの、ベラルーシの話が印象的でした。

独裁国家であり、未だに原発を推進する非情な国策を継続していると。。。
さらに、今でもチェルノブイリ原発事故後、様々な病で苦しんでいる人、
その子ども達に関して、病院関係者は全て放射能の影響ではないです」
言い切っていました。その背景には、この国のトップが独裁している事で、
言論の自由などありません。全て監視され制限されていました。

「ここも独裁国家か、、」と、思いました。。。

この昨日の放送に関しては、「ざまあみやがれい!」にアップされていますので
もし、ご覧になられていない方は是非チェックして下さい。松本市長の菅谷昭氏も出演しております。

バンダジェフスキー博士の貴重なデータと証言が沢山あります。

日本に関しても言及しています。

〜バンダジェフスキー「驚かせたくはないのですが、すでに日本の子どもの心臓から
20から30ベクレル見つかっています。これからもまだまだ増えるでしょう。

但し日本がそのままベラルーシのようにはならないという専門家は多い。
専門家「日本人はとてもルールを守る人たちなので日本の25年後はチェルノブイリ
今より相当被害は少ないと思います」〜

さらに深く調べたい方は、バンダジェフスキー博士による、
ウクライナにおける放射線影響に関する論文もあります。

ーーーーーーー

大人はもちろんですが、このベラルーシの現状を見ると、
結果沢山の子ども達、赤ちゃんがその犠牲になっています。

11月16日のブログに血管奇形の事を書かせて頂きましたが、
子ども達の難病は沢山ありますし、まだまだ勉強不足で。。。

そんな中、今日こんな記事を見つけました。
川崎病』に関してです。

この病名も、正直はじめて聞きました。
メモしておきます。

▼『川崎病 4歳以下で過去最多』
NHK 12月19日 4時16分

原因不明の乳幼児の病気「川崎病」の患者の数が、去年1年間で1万2000人を超え、
このうち0歳から4歳まででは、人口に対する患者数が、
これまでで最も多かったことが全国調査で明らかになりました。

川崎病」は、高い熱が出るとともに、からだ全体に赤い発疹が現れ、目が充血したり、
舌がイチゴのように赤く腫れたりする病気で、44年前に川崎富作医師が世界で初めて報告しました。

病気の原因は、今も分かっていませんが、心臓の冠動脈に「こぶ」が出来るなど命に関わる後遺症が
残ることもあります。自治医科大学の研究グループが、小児科のある全国の医療機関を対象に行っている
調査によりますと、去年1年間に報告された患者数は1万2755人で、過去3番目に多くなりました。
患者の88%を0歳から4歳までの乳幼児が占め、この年代の10万人当たりの患者数は239.6人となり、
これまでで最も多くなりました。この結果について、自治医科大学公衆衛生学の中村好一教授は
「原因は分からないが、川崎病の患者が増え続けている。12月、1月は毎年、川崎病の患者が増える時期なので、
発疹などの症状が出たら、できるだけ早く医療機関を受診してほしい」と話しています。
ーーーーーーー

放射能汚染と子ども達の病、、、。

本当に今後が心配です。

子を持つ大人達に、もっと現状を知って後悔の無い対策を考えて欲しいと願います。


下記の映画も漢方談話さんからの情報でしたが、
もう1つ良いトピックを教えて頂きましたのでご紹介致します。

東京都国分寺市にある『カフェ スロー』で
放射能測定所&マザリングマーケット「memoli」というものがオープンしたそうです。

お近くにお住まいの方は是非チェックしてみて下さい。

広告を非表示にする